iPad

【新型iPad Pro(2020)】Magic Keyboard、Smart Keyboard Folioの比較、進化した点まとめ

どうも、iPad大好きうーた(@u_ta_kasou)です。

いやー、電撃発表されましたね・・・。

新型iPad Pro!!

デュアルカメラ、AR用のスキャナ、グラフィックスが強化されたSoCなど、進化した点は色々とあるのですが…

なかでも、一番激アツなのが、新型iPad用「Magic Keyboard」です!!

うーた
うーた
う、浮いてる?!

この瞬間にちょっと変な声出ましたね。

しかし、この新しい「Magic Keyboard」にも、良いところ悪いところがありました。

この記事では「Smart Keyboard Folio」と比較しながら情報をまとめていきます。

「Magic Keyboard」の良さが伝わるPVはコチラ

 

【新型iPad Pro2020】Magic Keyboard、Smart Keyboard folioの比較表

Magic Keyboard Smart Keyboard Folio
(新型 カメラ穴大きい)
価格(税別) 11インチ
→31,800円
12.9インチ
→37,800円
11インチ
→18,800円
12.9インチ
→20,800円
重量 11インチ
→295g
12.9インチ
→408g
角度 無段階 2段階
視点 高め
(浮かせられる)
低め
充電 おそらく必要あり 必要なし
トラックパッド ○ あり × なし
バックライト ○ あり × なし
互換性 iPad Pro 11インチ
(第1世代、第2世代)
iPad Pro12.9インチ
(第3世代、第4世代)
※世代間の互換性あり
iPad Pro 11インチ
(第2世代)
iPad Pro 12.9インチ
(第4世代)
※世代間の互換性なし

【新型iPad Pro2020】Magic Keyboardが進化した点

○ 進化した点

・浮く、角度無段階の調整可能
・トラックパッド搭載
・バックライト搭載
・シザー式、キーピッチが広くなった

「ほら、浮いた」角度も自由に動かせられるヒンジ

「ほら、浮いた」そのキャッチコピー反則でしょ…

一番ビックリした浮くギミック

このギミックによって、角度に悩んだり、視点の低さに悩むことが少なくなりそうです。

今までのiPad Proの「Smart Keyboard Folio」は、少し角度がきつめになるのが欠点でした。

角度は無段階で調整できるようなので、膝上で使いやすくなったり、目線が上に来て姿勢が楽になりそうですね。

ついにトラックパッド搭載

なんと、とうとうトラックパッドを搭載してきました。

iPad OSがリリースされてから僕もずっとBluetoothマウスを使用してきました。

しかし、キーボード本体に搭載してくれるなら願ったりかなったりです。

また、マルチタッチに対応しているようなので、Macbookと同じような感覚で操作をすることができます。

更に、トラックパッド搭載に伴い、カーソルも新しくなるようです。

うーた
うーた
今までは、アクセシビリティのちょっとダサいカーソルでしたからね・・・

これからのiPad専用のカーソルは、操作ごとに形が変わります。

▼トラックパッド、新カーソルの使い心地がわかる動画はコチラ

バックライト搭載により、暗い場所でも捗る

バックライトが搭載になり、暗闇でも使用できるようになりました。

うーた
うーた
コレ正直一番嬉しいです!

僕はいつも寝る直前にブログのアイディアを思いつくことがあり、寝っ転がりながらiPadで記事を書きたくなるときがあります。

今まではバックライトがなかったため、スマホで泣く泣く書いていました。

しかし、「Magic Keyboard」なら、夜寝る前でもしっかりと記事を書くことができそうです。

キーピッチが広くなり、シザー式へ

今までは「ペコペコ」といった特殊な打鍵感のキーボードでしたが、「Macbook Pro 16インチ」と同じようなシザー式のキーボードになりました。

シザー式になったことにより、キーも少し大きめになり押しやすそうです。

また、キーストロークも深めになるので、キーストロークにこだわりのある人にも良さそうですね。

また同じ「Magic Keyboard」でも、やはり12.9インチのほうがキーピッチが広く使いやすそうです。

※スライドで比較できます
※左:11インチ、右:12.9インチ
※寸法は概算です

【新型iPad Pro2020】Magic Keyboardの気になる点

✕ 気になる点

・キーボードの充電は必須(予想)
・けっこう重くなりそう
・とにかく高い

おそらくキーボードの充電は必須

キーボードのヒンジの部分に、USB-Cポートがあります。

ここから、iPadの充電が出来るようですが、それだけだとココにわざわざ付ける意味もないので、おそらくキーボード自体の充電も必須になりそうです。

うーた
うーた
バックライト搭載になったので、しょうがない仕様かなと思います

「Smart Keyboard Folio」は充電が必要なかったので、少しグレードダウンしたところです。

ただ、iPadと毎日一緒にキーボードも充電することを考えれば、明確なデメリットにはならないかなと考えています。

また、その時にiPad側のUSB-Cポートも使えるみたいなので、ポート増設でむしろメリットになるかもしれません。

バックライト、ヒンジの追加で重たくなる見込み

画像は旧型iPad Pro 11インチのフルセットの重さ

旧型のiPad Proの11インチでも、保護ガラスやケース、Apple Pencilなどをつけていると800gを超えています。

そして、今回の「Magic Keyboard」はバックライト、トラックパッド、ヒンジもあるので、かなり重量は増えると思います

うーた
うーた
最低でも100g程度は重量が増えるんじゃないかなと予想しています…

ただし、現在僕は別途100g弱のBluetoothマウスを持ち歩いています。

そのため、マウスも一緒に持ち運ぶ場合は、そんなに総重量は変わらない気がします。

とにかく高い、価格は倍くらいに

Magic Keyboardの価格

11インチ→31,800円(税別)
12.9インチ→37,800円(税別)

高い、高すぎる。

どう考えても、価格が一番のデメリットですね。

税込み価格で、「Smart Keyboard Folio」の倍くらいになってしまいます。

なので、MacBookの代わりに使いたい方や、僕のように特にテキストを打つ機会が多い方以外は購入はよく検討したほうが良さそうです。

うーた
うーた
安めのノートパソコンが買えそうな価格です…

【新型iPad Pro(2020)】Magic Keyboard、Smart Keyboard Folioの比較、進化した点まとめ

うーた
うーた
めっちゃ高いけど、iPadがMacBookのように使えるようになりそうです!

「Magic  Keyboard」は、超高いけど魅力的な要素が多い、革新的なキーボードになりそうです。

僕はiPadでブログを書いたり、動画編集をしたりしているので、発売は5月になるようですが絶対に買います。

ただ、iPad Proは本体だけでも十分魅力的なデバイスで、高すぎるキーボードはほとんどの方にもったいないかもしれません。

費用を節約したい方は、別途マウスやキーボードを用意するのもアリですよ。

ぜひ、慎重に購入を検討してみてくださいね。

どうも、うーた(@u_ta_kasou)でした。

【iPad pro 2018 徹底レビュー】Androidユーザーが新iPad Proを初購入!1日使ってみた感想! 11月7日、ついにiPad proを購入しました! 実は、僕は生粋のAndroidユーザーです。 iOS端末を購...
【超快適】iPadでブログを書くことはできるのか徹底検証してみた【はてなブログ】 僕は普段Windows PCを使用し、はてなブログのブラウザ版でブログを書いています。 ですが、ノートパソコンは重...
【WWDC2019】iPadOS発表。個人的ハイライトまとめ! 6月4日、WWDC2019が開催されました。 ソフトの刷新盛りだくさんな大興奮の発表会でしたね。 その中でもiPad...
【iPad OS 神アプデ】iPadがマウス対応になって、外でのブログが快適! 先日、僕がとても首長くして待っていたiPad OSがとうとう来ました。 そして、早速インストールして使ってみたんですけど、...
【目的別】後悔しないおすすめiPadモデルの選び方!【2020年最新 比較】 iPadっておしゃれで高機能、とっても魅力的なタブレットですよね。 しかし、2018年頃からたくさんのモデルが発売...