スマートウォッチ

【2019年 最新】常時表示(AOD)可能なおすすめスマートウォッチ 5選

どうも、うーた(@u_ta_kasou)です

スマートウォッチの大半って、手首を傾けないと時刻を確認できないので不便ですよね・・・。

僕のスマートウォッチ歴は約5年ほどですが、やはり時刻確認がわずわらしいなと思っていました。

しかし、ある時期から常時表示ができるスマートウォッチが出てくるようになり、時刻が簡単に確認できる「当たり前」に感動しました。

常に時刻が見れるって便利だ・・・

なので、この記事ではスマートウォッチを愛する僕が、常時表示できるスマートウォッチを紹介していきます。

スマートウォッチの常時表示とは?

まず、スマートウォッチの常時表示について整理します。

スマートウォッチは画面が大きく高機能なため、基本的に電池持ちが悪く、初期は特に1日しか持たないものが多かったです。

Apple Watchとかは未だに18時間とかしか持ちません。

そのため、スマートウォッチは基本ディスプレイは消灯していて、ジャイロセンサーで手首の傾きを検知した時のみ表示する、という仕様になっていました。

しかし、技術進歩によって省電力なSocを搭載していたり、省電力ディスプレイを採用した、常時表示できるスマートウォッチが出てきました。

手首をクイっとしなくても、時間が見れる!

その常時表示については、常時点灯と言ったり、海外ではAOD(Always On Display)と言ったり様々です。

また、常時表示対応と一言で言っても、電池持ちが極端に悪くなったり、表示が中途半端だったりするものも多くあります。

なので、今から紹介する5つは常時表示を快適に行う事ができ、総合的に見ておすすめのものを5個厳選で書いていきますね。

常時表示ができるスマートウォッチ5選

①Apple Watch 5

対応機種 iOS(※iPhoneのみ)
電池持ち 18時間
ケース素材 アルミ、ステンレス、チタン、セラミック(モデルにより異なる)
サイズ 【40mmモデル】縦:40 mm 横:34 mm 厚さ:10.7 mm

【44mmモデル】縦:44 mm 横:38 mm 厚さ:10.7 mm

ディスプレイタイプ 有機ELディスプレイ スクエア型

iPhoneユーザーならば、常時表示対応となったApple Watch Series 5がオススメです。

おすすめな理由としては、Appleクオリティのデザインもさることながら、ウォッチフェイスの表示が綺麗なためです。

また、Apple Watchの常時表示は自然です。

通常のウォッチフェイスと連動していて、普段は暗く、腕を傾けた時に明るくなるという仕組みになっています。

僕が他に持っている常時表示対応のスマートウォッチでは、常時表示は専用の省電力仕様ウォッチフェイスになっていたりします。

自然かつ美しいAppleWatchの常時表示は、デザインにこだわる方に特にオススメです。

一方、デメリットとしては、有機ELで高機能なので、電池持ちが悪いです。

約18時間なので使い方には工夫が必要。

しかし、所持者は「寝る前に充電する」という習慣ができ、案外問題なく使えるようです。

②Amazfit Bip

対応機種 iOS、Android
電池持ち 45日
ケース素材 プラスチック
サイズ 19.5 x 3.5 x 0.8 cm
ディスプレイタイプ 反射型液晶ディスプレイ スクエア型

常時表示対応スマートウォッチの中で、一番電池持ちが良いのがAmazfit Bipです。

コスパも良く、通知や運動計測などの機能が一通り揃っていて、電池持ちが45日です。

これは本当に実測でもそれくらい持つので、充電器の場所を忘れるくらいです。

ディスプレイが反射型液晶という省電力なものになっており、常に同じウォッチフェイスを表示し続けます。

そのかわり、ディスプレイ自体は点灯していないので、腕を捻るとバックライトが付くようになっています。

また、薄型軽量なので、重たい腕時計が苦手という方には特にオススメです。

欠点としては、液晶で解像度が少し荒いのでジャギが目立ちます。

また、バックライトで液晶を明るくするので、白くもやがかかったような表示になります。

また、日本語には非対応です。

しかし、簡単な英語なのでなんとなく使用できるのと、通知と管理アプリは日本語対応なので問題ないと思います。

【比較】Amazfit bipがApple Watchやandoroid wearよりオススメな4つの理由 僕はスマートウォッチが大好きです。 元々腕時計が好きなこともあるのですが、スマートウォッチはコンパクトボディに機能がたくさん入って...

③Amazfit Stratos

対応機種 iOS、Android
電池持ち 10日
ケース素材 セラミック、プラスチック
サイズ 4.50 x 3.50 x 1.50 cm
ディスプレイタイプ 反射型液晶ディスプレイ 丸型

Amazfit Stratosは、Amazfit Bipを円形にしデザインを洗練させたモデルです。

セラミックベゼル、カーボンっぽいケースがクールです。

機能はAmazfit Bipより豊富で、単独でBluetoothイヤホンと接続して音楽再生も可能です。

液晶については、解像度は上がっていますが、Amazfit Bipと同じく反射型液晶です。

少しは表示が綺麗になっていますが、バックライトで白くなるのは同じく。

また、こちらのAmazfit Stratosも日本語非対応です。

xiaomi huami amazfit
¥19,999
(2019/10/15 18:08:59時点 Amazon調べ-詳細)

「Amazfit stratos(pace2)」レビュー!常時点灯できるイカす円形スマートウォッチ! 今回は「Amazfit stratos(PACE2)」のレビューをしていきます。 この商品はXiaomiの子会社「Huam...

④TicWatch Pro

対応機種 iOS、Android
電池持ち 2~30日
ケース素材 ステンレス
サイズ 45.0 (直径)x 12.6mm
ディスプレイタイプ 二重層ディスプレイ 丸型

TicWatch Pro二重層ディスプレイという珍しいディスプレイを搭載しています。

有機EL+LCDスクリーンの2層です。

高機能なモード → 高解像度な有機ELディスプレイで表示。

節電モード → 省電力なLCD画面を表示。

節電モードのLCD表示の時は、常に画面を表示させることができ、30日間バッテリーが持続します。

2つのモード、2つのディスプレイを使い分けることができる、ユニークなスマートウォッチです。

欠点としては、節電モードの表示がデジタル時計みたいでチープに見えるのと、スマホとの通信は切れているため通知が受け取れない事です。

なので、基本的には高機能なモードで使用し、旅行中など電池を持たせたいときは節電モードで利用とすれば不自由なく使えるでしょう。

Ticwatch
¥29,899
(2019/10/16 10:14:03時点 Amazon調べ-詳細)

⑤fitbit versa 2

対応機種 iOS、Android
電池持ち 3~6日
ケース素材 セラミック、プラスチック
ディスプレイタイプ 有機ELディスプレイ スクエア型

フィットネストラッカーブランドが作ったスマートウォッチがFitbit Versa 2です。

フィットネス機能が豊富な所、Alexaが使えるのが特徴のスマートウォッチです。

また、有機ELにしては電池が長持ちです。

通常 → 6~8日間

常時表示ON → 3日ほど

AppleWatchと同じくらいのサイズ感で、女性や細腕の男性でもつけやすいデザインとなっています。

目立った欠点はないですが、Amazfit BipやAmazfit Stratosに比べると電池持ちが劣ります。

それでも一般的な他のスマートウォッチよりは十分充電が長持ちな部類なので、バランスのとれたおすすめのスマートウォッチです。

Fitbit(フィットビット)
¥25,240
(2019/10/16 10:14:04時点 Amazon調べ-詳細)

常時表示可能なおすすめスマートウォッチ 5選
【2019年最新 5本厳選】ビジネスマン向けのおすすめスマートウォッチランキング! Apple Watchの普及によって、最近スマートウォッチを着ける人が増えてきましたよね。 ただ、僕はGショック等のデジタ...
【Xiaomi スマートウォッチ】Amazfit、Mi Bandシリーズの比較、まとめ! Xiaomiが出資していて、ユニークなスマートウォッチを多く世に出している「Amazfit」シリーズ。 たくさんの種類があ...
Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券での購入がおすすめ。

Amazonギフト券のチャージタイプを購入すると、アカウントに残高が追加され、Amazonでの買い物に使用できる仕組みとなっています。

僕もこの前初めて使いましたが、2%ポイントがつきました! やらなきゃ損なシステムなので、ぜひチェックしてみてくださいね。