スマートウォッチ

【mi band4発表】ついにカラー液晶搭載!mi band3との比較、価格、買えるショップまとめ!

どうも、うーた(@u_ta_kasou)です

ついに、世界的にも大人気のスマートバンド「mi band」の新型が発表されました!

この記事では、mi band4の最新情報をまとめていきます。

少し割高ですが、Amazonでも見つかりました。

Xiaomi(シャオミ)
¥7,280
(2019/06/26 19:42:16時点 Amazon調べ-詳細)

mi band4とmi band3のスペック比較

  mi band4 mi band 3
カプセル本体 不明 17.9 x 46.9 x 12mm
バッテリー容量 135mAh 110mAh
スタンバイ時間 約20日 約20日
重量 22g 約20g(リストバンド含む)
ボディ素材 プラスチック プラスチック
IP定格 5ATM 5ATM
画面サイズ 0.95インチ 0.78インチ
ディスプレイ解像度 240×120 128 x 80
センサー 3軸加速度センサー

3軸ジャイロセンサー

PPG心拍センサー

3軸加速度センサー

PPG心拍センサー

ワイヤレス接続 Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2 BLE

mi band4の進化した点

カラーディスプレイ

有機ELのカラーディスプレイとなりました。

今までのmi bandシリーズはモノクロだったため、大きな進化した点と言えますね。

ディスプレイサイズもわずかに大きくなっているため、操作性、視認性共に大きく向上しますね。

ディスプレイサイズが大きくなるとバッテリーもちが心配になりますが、バッテリー容量も少し大きくなったため、持続日数は今まで通り20日間となります。

性能、バッテリー共に妥協のない設計です

電子決済

新たに電子決済の機能が追加されました。

いわゆるバーコード決済タイプとNFCで決済するタイプ。

そのため、上位モデルとしてNFC搭載のタイプがあります。

しかし、日本での対応は不明です。

現状日本で使えるような電子決済サービスに対応しているようには見えませんでした。

音声操作ができるようになった

新たに音声操作が可能となりました。

大きな進化した点と言えますが、Xiaomi独自の音声アシスタントとなりますのでこちらも日本で使用できるかは微妙です・・・。

マイク付いているなら、日本語でも操作できるようになれば一番いいですけどね。
情報が入ったら追記します。

ウォッチフェイスが77種類

ウォッチフェイスが77種類!

スマートウォッチやスマートバンドは、ウォッチフェイスを変えられるのが醍醐味なので嬉しい追加ですね。

なかにはキャラ物のウォッチフェイスとかもあったりします。

mi band4の価格

169元!

mi band3から据え置き価格です。

日本円換算で2700円程です!

や、安すぎる・・・

同じくらいの性能のスマートバンドは大体5000円以上はするので、価格破壊と言ってもいいレベル7です。

mi band4が買えるショップ

僕が調べ見た限りの最安値はALIEXPRESSでした。

日本への配送だと、為替やらなんやらで約4千円くらいになりそうです。

ALIEXPRESSでmi band4をチェック

その他、僕がよく使っているGear Bestでも販売がありました。

GearBestでmi band4をチェック

割高ですがAmazonでも取り扱いがあります。個人輸入に抵抗がある方におススメです。

Xiaomi(シャオミ)
¥7,280
(2019/06/26 19:42:16時点 Amazon調べ-詳細)

mi band4の所感とまとめ

価格破壊のスマートバンドと言い切れます

一方、日本では電子決済や音声アシスタントやらが使えない可能性大なのでもったいない感じもしますね。

しかし、「mi fit」という高機能で日本語に対応したアプリもありますし、デザインに優れコスパのいい通知&フィットネスバンドと割り切ってもお買い得な商品だと思います。

僕もカラー液晶、軽いボディに惹かれて購入しましたので届いたらレビューします。

それではまた。

【Xiaomi】mi band3レビュー!多機能で日本語完全対応、コスパ最強スマートバンドどうも、うーた(@u_ta_kasou)です。 今回は世界でも大人気のコスパ最強のスマートバンド、「mi band3」のレビューを...