スマホ

【激安】超高性能なのに、5万円台で買えるゲーミングスマホ「Black Shark2」レビュー!

最近スマホゲームでよく遊ぶんだけど、処理落ちや発熱で困っている・・・
どうも、スマホ大好きうーた(@u_ta_kasou)です。

気軽に遊べて、本格的なゲームもたくさん出てきたスマホゲーム。

ついつい熱中しちゃいますよね。

かくいう僕も、FGO、デレステ、PUBGモバイル等で遊んだりしています。

そして、ゲームをヘビーに遊んでいると困ってしまうのが、処理落ちと発熱です。

特に最近は高性能なスマホほど結構発熱してしまいますよね。

そこで、コスパ抜群、ハイスペックで発熱を抑えられるゲーミングスマホを入手しましたよ!

Black Shark2」です!

・最新SoC「Snapdragon855」搭載なのに約5万円〜の超コスパ

・端末温度を14度下げられる冷却システム搭載

・4000mAhの大容量バッテリーと、30分で60%充電できる急速充電

・没入感抜群のゲーム専用モード

控え目に言ってコスパが良すぎる、正統派ゲーミングスマホですよ!

この記事ではBlack Shark2の使用感、ゲーミング性能、カメラ性能、他機種とも比較しながらレビューしていきます。

Black Shark2を公式でチェックする

このレビュー記事は、メーカー様より商品をレンタルして執筆しています。

Black Shark2のスペック

CPU(SoC) Snapdragon™855
メモリ RAM6GB + ROM128GB

microSDカード非対応

サイズ 高さ:約163.61mm

幅:約75.01mm

奥行き:約8.77mm(凸部 約9.57mm)

重量 205g
バッテリー 4000mAh

Quick Charge™4.0対応

カメラ メインカメラ:48MP(4 in 1)+12MP

フロントカメラ:20MP

ディスプレイ 6.39 インチ AMOLED

解像度 1080 * 2340

Gorilla Glass 5

 

Black Shark2の開封、外観、同梱物

結構どでかい黒い箱に入って届きました。

ロゴが男心をくすぐられるデザインです

今回、手にしたのはグローリーブルー。

名前の通り、鮫カラーといった感じで、個性的なデザインでカッコイイです。

ちなみにこのロゴ、ぼんやりと光ります。

まさにゲーミングといった感じで、クール!

手に持ってみた感じは、ずっしり来る感じ。

幅は案外持ちやすく、そのかわり縦は結構長い印象です。

同梱品

・Black Shark2本体
・専用TPU素材ケース
・ACアダプター
・USB−Type C ケーブル
・イヤホン (USB−Type C端子)
・ヘッドホンジャック アダプタ
・説明書、保証書(保証期間1年)

価格を考えるとすごく豪華な同梱品ですね!どうやって利益出ているんだろう・・・

Black Shark2(6.39インチ) → 207g

【参考】

Galaxy S10+(6.4インチ) → 175g

Switch Joy-Conなし(6.2インチ)→297g

重量は207gと少し重め

ただ、考えようによっては、スマホとしては重くても、携帯ゲーム機と考えると軽いのでバッテリー容量を考えると許容できる範囲かなと思います。

ケースをつけるとさらにずっしりときますが、グリップ感が良くなるので、あまり横持ちの時は重さを感じないですね。

Black Shark2のディスプレイ

Black Shark2は5万円台なのに、ディスプレイも優秀ですよ!

6.39インチのAMOLED大型ディスプレイ

端が丸く切り取られていて、ベゼルが狭く没入感の高い6.39インチの大型ディスプレイです。

有機ELなので鮮やかできれいなディスプレイですね。

左右のエッジディスプレイはないものの、画面の占有率の感覚は「Galaxy S9+」と大体同じ。

また、ディスプレイのサイズは6.39インチなので、6.5インチのiPhoneXS Maxよりは少し小さいくらいです。

重量も近いので、店頭などでiPhoneXS Maxを持ってみると、Black Shark2を所持するイメージがわくと思います。

画面占有率が高いので、端末は大きすぎないのに、大画面で迫力のあるディスプレイです

前面にあり便利な画面内指紋認証

画面内指紋認証の精度も良いです。

体感としては0.5秒くらいでロック解除できます。

20回に1回くらいは失敗することがあるものの、ちゃんともう一度やれば大抵反応します。

というのも、精度というよりも、押す位置を自分が間違えてしまっていると思うので、この辺は慣れですね。

画面内指紋認証は前面にあるので、置いたままでも使えるのがいいですね。

Black Shark2のゲーム性能

それでは、ゲーム性能を検証していきます!

・メモリや通知を全部切れる「Shark mode」

・デレステのGrand Liveも余裕で動く

・感圧タッチ対応

・Galaxy S10越えのAntutuスコア

・横向きのゲームは特に大画面でやりやすい

ゲーム専用モード「Shark mode」

「Shark mode」の特徴

・対応したゲームアプリのみが表示されるホーム画面
・電源ボタン上のsharkswitchで切り替え
・メモリ(RAM)をすべて削除し、ゲームに最高のパフォーマンスを出せる
・通知やバックグランドアプリを自動でoffにできる

「Shark mode」はゲームに没頭するためのモードです。

起動の演出が超かっこいい!!

起動するとゲームアプリのみが表示されますので、完全に「携帯ゲーム機」になります。

そして、このモードの時は、通知やバックグラウンドのアプリはOFFになるので、邪魔されることなくゲームに集中できます。

音ゲーの途中で、通知が来てコンボを切るとかありがちですからね・・・

また、対応ゲームアプリで画面の右上からスワイプすると「 Shark Studio」という、設定メニューを出すことができます。

設定できる主な項目

・画面キーパッド
・コントローラー
・通知設定
・Wi-Fi設定
・マスタータッチ(感圧タッチ)

なかでも、面白いと思ったのがマスタータッチで、押し込むと振動がフィードバックされます。

iPhone8あたりのホームボタンと同じく、ボタンじゃないのに、ボタンを押したような感覚になります。

画面上にキーパッドを出すゲームにおすすめです

「Shark mode」は非対応のアプリもあります。

例えば、僕が遊んでいる中ではPUBGモバイルが非対応でした。

デレステも余裕で動く3Dグラフィック性能

なんと、デレステのグランドLIVEのMVを余裕で再生できました。

設定は、3Dリッチ、観客シルエットありです。

これが最新SoCの能力・・・。もう完全にiPhoneと遜色ないレベルになりましたね

驚いたのが、数曲遊んでみても体感としても全然発熱を感じないこと。

5曲ほど遊んだ後でも、33℃と表示されている。それと推しのフレちゃんがかわいい
冷却システムがバッチリ効いている感じです!

ちなみに本体の上下にスピーカーがついているので、横持ちの時はステレオスピーカーで聴けるのも結構ポイント高いです。

荒野行動も最大の画質でやってみましたが、サクサク動きました。

横持ちのゲームは大画面だと非常にやりやすいですね。

モンストでも遊んでみましたが、縦持ちのゲームは、むしろ片手操作がしづらく不向きな印象でした。

特に横持ちで3Dグラフィック性能を必要とするゲームが向いています

Galaxy S10越えのAntutuスコア

Black Shark2→423283(通常)
Black Shark2→433608(Sharkモード)

Galaxy S10→419475

Galaxy S9+→331092

手持ちの端末と比較してみましたが、AntutuのベンチマークスコアでBlack Shark2がトップでした!

価格が上のGalaxy S10を上回るのは予想外だったので正直驚いています。

ゲーミングスマホの名にふさわしいスペックですね!

Black Shark2のカメラ性能

広角レンズでの撮影
望遠レンズでの撮影

 

広角でも、2倍の光学ズームでも鮮明に写っていて、ディティールがしっかりしています。

望遠レンズの威力がしっかり出ています。

その一方、Galaxy S10と比較すると少し白っぽく写ります。

Black Shark2
Galaxy S10
トップクラスのスマホには一歩及ばない印象ですが、ゲーミングスマホに付属するカメラとしては十分な性能ですね!

Black Shark2の対応バンド

対応バンド

FDD LTE (B1,B2,B3,B4,B5,B7,B8,B19,B20,B28)
TDD LTE (B34,B38,B39,B40,B41)
TD -SCDMA (B34,B39)
WCDMA(B1,B2,B5,B6,B8)
GSM (B2,B3,B5,B8)

ざっくりと言うと、ドコモ、ソフトバンク系の回線はOK、auはNGです。

まぁ正直これはしょうがないですね。

au回線は世界的には結構特殊な通信方式らしく、海外メーカーのスマホは対応していないことが多いです。

auやUQモバイルで使おうとしている方は注意しましょう。ゲーム用と割り切って使うならば、Wi-Fiのみで運用するのもアリですね

Black Shark2を他の機種と比較

機種 価格 Soc RAM ROM ディスプレイ バッテリー
Black Shark2 ¥54,780 (税込)
公式価格
Snapdragon855 6GB 128GB 6.39インチ 4000mAh
Galaxy S10+ ¥102,960(税込)
Docomo価格
Snapdragon855 8GB 128GB 6.4インチ 4000mAh
ROG Phone ¥69,880 (税込)
Amazon価格
Snapdragon845 8GB 128GB 6インチ 4000mAh

共通の項目が多いAndroidスマートフォンと比較してみましたが、圧倒的な安さですね・・・。

RAMは6GBなので他の2機種より少ないですが、メモリを綺麗にするSharkモードもありますし不足することはまずないと思います。

ROMもヘビーユースの僕でも128GBはあまり使いきることはないので、動画を撮りまくるとかしなければ足りると思います。

なお、価格は上がりますが、ROMやRAMが強化されたもの販売しています。

6GB+128GB→54,780円 (税込)

12GB+256GB→87,780円(税込)

この圧倒的なコスパがBlack Shark2の強みです。RAM12GBも魅力的ですが、コスパの良いRAM6GBのモデルがおすすめです。

Black Shark2を公式でチェックする

Black Shark2のレビューまとめ

<Good>

・5万円台なのにGalaxy S10を上回るパフォーマンス
・ゲーム専用モードでゲームに集中できる
・画面内指紋認証が便利

<Bad>

・重量は重め、だが携帯ゲーム機よりは軽い
・カメラが少し白っぽく映る
・au系のバンドに非対応

【こんな方におすすめ】

・ハイスペックでコスパの良いスマートフォンを探している方
・横持ちのゲームをよくプレイする方
・DocomoやSoftbank系のSIMを使っているか、Wi-Fiのみと割り切れる方

ゲーミングスマホを手にしたのは「Black Shark2」が初めてでしたが、思った以上に普通のハイエンドスマートフォンと同じように使えるスマホでした。

2019年11月時点で、最新のSoC「Snapdragon855」を搭載して、5万円台で買える時点で間違いなくお買い得なスマホです。

ゲーミングスマホが気になっている方は買って間違いなしの商品ですよ。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

Black Shark2を公式でチェックする

有機ELの良いところは、「ほどよいアナログ感」だと思う。 僕は先日、スマートフォンを買い替え、有機ELディスプレイ搭載のGALAXY S9+ユーザーとなりました。 いろんな性能の進...
【AIS アジア周遊SIMレビュー】バリ島旅行で最適なSIMはこれ!日本で接続確認ができるぞ! 海外旅行の時のスマホの通信って不安ですよね。 僕も先日社員旅行でバリ島に行ってきた時に、バリ島用のSIMカードを挿していきましたが...
【目的別】おすすめのiPadを紹介します【2019最新 比較】 iPadっておしゃれで高機能、とっても魅力的なタブレットですよね。 しかし、2018年頃からたくさんのモデルが発売...