スマートウォッチ

【Amazfit GTS 発表】Amazfit Bipの正当後継機!?スペック、特徴、買えるショップまとめ

どうも、うーた(@u_ta_kasou)です

先日、HuamiよりAmazfitの新型「Amazfit GTS」の発表がありました。

このスマートウォッチはスクエア型のディスプレイが特徴で、AppleWatchを彷彿させるものです。

また、同じAmazfitシリーズで言えば、「Amazfit Bip」に近いデザインとなっています。

【比較】Amazfit bipがApple Watchやandoroid wearよりオススメな4つの理由 僕はスマートウォッチが大好きです。 元々腕時計が好きなこともあるのですが、スマートウォッチはコンパクトボディに機能がたくさん入って...

しかし、機能的にはいくつか異なる点がありましたのでそこも含めて、Amazfit GTSの紹介をしていきます。

Amazfit GTSのスペック

ディスプレイ 1.65インチAMOLED、348 x 442
サイズ 43.25 X 36.25 X 9.4mm
重量 24.8g(ストラップなし)
バッテリー 通常使用で14日間
防水性能 5ATM(5気圧防水)
センサー PPGバイオトラッキング光学センサー
6軸加速度計
3軸ジャイロセンサー
気圧センサー
周囲光輝度センサー
GPS GPS + GLONASS
接続 BT5.0 BLE
対応OS Android5.0以降
iOS10.0以降

 

Amazfit GTSの特徴

①1.65インチの大型スクエアディスプレイ

Amazfit GTS→1.65インチ(348*442)

Amazfit Bip→1.28インチ(176*176)

Apple Watch→44mm(368*448)、40mm(312*390)

1.65インチ(348*442)の有機ELの大型スクエアディスプレイです。

サイズに対してのインチ数が大きいので、ベゼルが狭くなりディスプレイが大きくなっています。

有機ELなので鮮やかに明るく表示ができます。

また、341ppiでいわゆるRetina級の高精細ディスプレイなので、目ではドットが見えません。

ディスプレイはかなりAppleWatchに近づけてきました。

Amazfit Bipは1.28インチの176*176の液晶だったので、大幅にスペックアップした部分ですね。

一方、Amazfit Bipの利点であった「常時点灯」はおそらく電池持ちの都合上できなくなっていると思います。

②カスタムモジュラーダイヤル

Amazfit GTSだけの機能として、カスタムモジュラーダイヤルがあります。

この機能は、ウォッチフェイスの表示項目をカスタムできる機能です。

今までのAmazfit のウォッチフェイスの簡単なカスタマイズより、多くの設定をカスタマイズできるようです。

このへんも思いっきりAppleWatchを意識していますね(笑)
AppleWatchのウォッチフェイス。こちらもカスタマイズできる。

その他、特徴としては予定も表示できるようです。

今までのAmazfitシリーズにはなかった機能で、これは結構便利に使えそうです。

ディスプレイがスクエアになったことにより、デザインを重視したウォッチフェイスよりも、情報量を多くするウォッチフェイスがマッチしそうですね。

③6色のカラフルボディ

6色から選ぶことができます。

Apple Watchのピンクサンドやコーンフラワーのようなカラーのモデルもありますね。

Amazfit Bipは男性向けのカラーが多かったため、Amazfit GTSはかなり女性をターゲットにした製品に見えます。

僕はコーンフラワーぽい水色のカラーが気になっています

④薄型軽量

Amazfit GTS→厚さ:9.4mm、重さ24.8g

Amazfit Bip→厚さ:8mm、重さ:18g

AppleWatch→厚さ:10.7mm、重さ36.7g(44mm)、34.9g(42mm)

AppleWatchより薄型軽量で作ってきました。

しかし、Amazfit Bipは断トツで薄型なのでそれは越えられなかったみたいです。

Amazfit Bipは本当につけているのを忘れるレベルです

しかし、Amazfit GTSは薄型軽量、有機ELで高機能なのに2週間のバッテリー持ちを維持しているのは評価できますね。

Amazfit GTSの価格と買えるショップ

現在、Gearbestにて、商品ページのみ用意されていて購入ができない状態になっています。

Gearbest商品ページ

僕が知っている中国系のガジェット通販サイトはすべて見たのですが、まだ販売開始されていないようです。

情報がわかりましたら追記します。

また、価格については発表では日本円換算で13,000円ほどでしたが、ショップでは関税や送料がかかる分もう少し上がると思います。

まとめ

女性向けのカラーも多く出て、かなりあか抜けた印象です。

今までのAmazfitで培ってきたノウハウはそのままで、スクエア型のデザインを洗練させてきました。

特に中国市場では、AppleWatchのシェアも奪えるくらいのポテンシャルがありそうですね。

現在は中国版のみですが、英語も表示できるグローバル版の発売が楽しみです。

僕はAmazfit Bipの愛用者ですが、今回のデザインに一目惚れしかなり心が動かされています。

しかし、電池持ちが約半分になるのと、常時点灯はおそらくなくなるのでちょっと一歩踏み出せない感じですね。

また続報がありましたら追記していきます。

どうも、うーた(@u_ta_kasou)でした。

【新型 Amazfit GTR 発表】薄型でスマートなのに、24日間電池がもつスマートウォッチ! 7月16日、Amazfitの新型「Amazfit GTR」が発表されました! https://youtu.be/glx-q...
【Xiaomi スマートウォッチ】Amazfit、Mi Bandシリーズの比較、まとめ! Xiaomiが出資していて、ユニークなスマートウォッチを多く世に出している「Amazfit」シリーズ。 たくさんの種類があ...