GEARBEST

【スマートバンド】「Amazfit Cor」レビュー!スリムでクールなスマートバンド!

どうも、うーた(@u_ta_kasou)です。

今回はスマートバンド「Amazfit cor」のレビューをしていきます。

使用してみた感想としては、この商品は中々コスパの良いクールなスマートバンドでした。

なお、この製品はGEARBEST様に提供頂きました。

それでは、商品を詳しく紹介していきますね。

GEARBESTでAmazfit Corをチェック

▼まだGEARBESTを登録していない方はコチラ▼

【簡単】GEARBESTの使い方、登録方法の紹介どうも、うーた(@u_ta_kasou)です。 今回はGEARBESTの使い方と、登録方法について紹介していきます。 GEA...

▼最新機種「Amazfit Cor2」の紹介はこちら▼

【Amazfit Cor2】スペック情報とAmazfit Corとの比較 Amazfit Cor2が先日発売されました。 Amazfitシリーズの中では、1番の最新機種になります。(2019年5月...

Amazfit Cor のスペック

ディスプレイサイズ 1.23インチ
ディスプレイタイプ IPS液晶
大きさ 23.30 x 1.90 x 1.00 cm
重量 32g
接続 Bluetooth 4.1
バッテリー寿命 12日間
防水 5気圧防水
心拍センサー あり

外観

箱はシンプルな白い箱です。

f:id:u-ta-kasou:20181219223508j:image

ベゼルがアルミでクールな感じですね。

タッチバーはありますが、ボタンは一切ないのでスッキリとしたデザインです。

スマートウォッチの一般的なものよりもスリムなボディなので、スマートにつけられます。

デザインはなかなか好印象。

付け方としては、スマートバンド型にありがちな穴に出っ張りを差し込むタイプ。

付属品は、本体、充電ケーブル、説明書のみです。

使ってみた

起動と接続

電源ボタンはないみたいなので、充電をして初回の起動をします。

充電器は本体にマグネットでくっつきすぐに接続できます。

mi band3は本体部分を取り出さなければならないので、この充電方法は楽でいいですね。

起動してみましたが、本体のメニューなどは英語ですね。

スマホとの接続は「Mi fit」を通じて行います。

「デバイスを追加」をタップ

接続できました。

日本語対応のアプリなので安心して使用できますね。

なお、僕は既にアカウントがありましたが、ない場合はアカウントを作成する必要があります。

Googleアカウントでサインインすることもできますので、それが一番楽だと思います。

機能

・時計
・歩数計、心拍計
・睡眠トラッキング
・通知
・アクティビティ
・天気予報
・アラーム、タイマー
・音楽コントロール
・携帯を探す

小さなボディにたくさんの機能が入っていますね。

僕がよく使う機能としては、通知、歩数計、睡眠トラッキング、音楽コントロールがあります。

その辺りはちゃんと使えました。

ちなみに、本体は英語ですが、通知などはスマートフォンの言語通りに出るので、ちゃんと日本語で表示されます。

また、音楽コントロールについては、右にスワイプするだけですぐに使用できるので、結構便利です。

他のスマートウォッチは、その画面に行くまでに面倒なものが多いので、これだけでも人によっては買う価値があるかもしれません。

ウォッチフェイスを変更可能

ウォッチフェイスを変更することもできます。

5種類なのであまり多くはないですが、お気に入りのものが見つかるかもしれません。

また、アプリから非公式のウォッチフェイスがダウンロードできます。

mi band3との比較

同じメーカーで競合する商品の「 Mi band3」と悩んでいる方もいらっしゃるとおもいます 。

僕は両方持っていますが、使ってみた感想だと

・カラーで鮮やかなディスプレイ、高級感を求めるなら「Amazfit Cor」

・安心の日本語対応、コスパで選ぶなら「Mi band3」です。

意外にもできることはそんなに変わらないので、デザインとコストを天秤にかけて選ぶのが良さそうです。

Mi band3 →3千円前後
Amazfit Cor →7千円前後

 

【Xiaomi】mi band3レビュー!多機能で日本語完全対応、コスパ最強スマートバンドどうも、うーた(@u_ta_kasou)です。 今回は世界でも大人気のコスパ最強のスマートバンド、「mi band3」のレビューを...

良いところ

ディスプレイが明るく鮮やかでよく見える

f:id:u-ta-kasou:20181221193626j:image

これは意外でした。

普通のIPS液晶なので、日光下では見辛いだろうなと思っていましたが、結構明るく鮮やかな液晶だったのでしっかりと見えます。

また、スマートバンドやフィットネスバンドのなかでは大きめの1.23インチを搭載しているので、通知や時計もしっかり読みやすいのは良いところですね。

f:id:u-ta-kasou:20181221194109j:image

通知したアプリのアイコンがカラーで表示されるのも直感的で良いですね。

スリムで軽い

大きなディスプレイを搭載しながらも、33gとスリムで軽いです。

つけるのを忘れてしまうほどの重量です。

価格が安い

f:id:u-ta-kasou:20181221194337j:image

競合製品などにFitbitなどがあげられますが、そちらは2万円前後します。

比較するとAmazfit Corは1万円以内で買えるのでコスパは良いです。

悪いところ

常時点灯ができない

最大の欠点が常時点灯できないことです。

時計として使おうと思ったらみたいときに時刻が表示されていないことが大きなデメリットになってきます。

しかし、このデメリットについては傾ければ点灯する設定にできます。

また、通知を受け取るスマートバンドやフィットネスバンドと割り切れば、そんなには気にならないかもしれません。

アクティビティが少ない、GPSがない

アクティビティが確認できる限りでは、エクササイズとランニングしかないようです。

他の機種だと10種類以上ある機種もあるので、ここは少し弱いところですね。

また、GPSを搭載していないので、「Amazfit Cor」本体のみでランニングをして、ルートを記録するという使い方はできません。

まとめ

通知メインで見るなら◯
フィットネスメインならば△
時計メインならば×

総じて、必要最低限の機能はあり、コスパは良いです。

ゴツい時計とかはあまり好きではなく、通知を受け取れるスリムなスマートバンドを求めている方には最適なモデルです

しかし、少し感じたのが、同じAmazfitシリーズで1000円〜2000円足すと電池持ちがよく、GPSを搭載した「Amazfit Bip」を購入することができます。

こちらもコストやデザインを見て、検討してみても良いかもしれません。

僕はこの「Amazfit Bip」もすごくオススメしています。

▼Amazfit Bipのレビュー記事はコチラ▼

コスパ最強の電池二ヶ月持ちスマートウォッチ!『Amazfit Bip』レビューどうもうーたです。 今回はマイナーなスマートウォッチ、Amazfit Bipのレビューをしていきたいと思います。 このスマートウ...

気になる方は下記のリンクから商品ページへ飛ぶことができます。

それではまた。

GEARBESTでAmazfit Corをチェック