ガジェット

【文鎮】Amazfit bipを壊しちゃいました。

どうも、うーたです…。

今回は、Amazfit Bipを自分のミスで文鎮化させてしまった(壊した)ため、皆さんへの注意喚起として記事にしていこうと思います…。

Amazfit Bipの文鎮のきっかけ

先日、非公式アプリ「Notify & Fitness for Amazfit」のアップデートをしました。

理由としては、最新バージョンではウォッチフェイスの変更ができるようになったためです。

ウォッチフェイスが変更できることに喜びを覚え、そのままテンションが上がった勢いでAmazfitのアップデートも一気にやろうと、ちまちまいじってたわけです。

その時、家に帰ってからやろうと思ってたけど、間違えてタップしてアップデート開始をしてしまいました。

あ、これでは余計な通信料がかかってしまう!と思い、

キャンセルをしてしまいました。

Amazfit Bipの症状

その後、ディスプレイにずっと×マークが表示され、なにも操作ができなくなってしまいました。

???これは結構まずいのでは???」

電源落としたくても、ボタン長押しとかでも落とすことができず…。(そもそも電源の落とし方は設定画面から以外がないっぽい)

アップデートをし直そうと試みてみるも、非公式アプリからも、Mi fitからも出来ず。

元からかも知れないけど、Bluetoothもなんか表示が変。

八 方 塞 が り!

f:id:u-ta-kasou:20180316002431j:plain

充電切れまで待てば良いのでは???

うーたは閃きました。

それなら、充電切れまで待てば、電源が落とすことができる!

そして、再起動さえ出来れば、復活の目処が立つのでは、と!

よし、じゃあ充電切れまで待ってみよう!

これ、電池二ヶ月もつんだったああああああああ!!!

無事死亡。

※なお、後日充電が切れた後に、もう一度充電して色々とやってみましたがやっぱダメでした。

まとめ

アップデートは慎重にやりましょう。
特にキャンセルは駄目ですよ。

また、今回の文鎮化は使用アプリが原因でもあります。
最近は「Mi Fit」アプリが日本語化され、とても使いやすいのでそちらのアプリを使用することをお勧めします。

僕は結局恋しくなって2台目を購入しました・・・。

それではまた。

コスパ最強の電池二ヶ月持ちスマートウォッチ!『Amazfit Bip』レビュー 今回はマイナーなスマートウォッチ、Amazfit Bipのレビューをしていきたいと思います。 このスマートウォッチはコスパが非...
【Xiaomi スマートウォッチ】Amazfit、Mi Bandシリーズの比較、まとめ! Xiaomiが出資していて、ユニークなスマートウォッチを多く世に出している「Amazfit」シリーズ。 たくさんの種類があ...
【2019年最新 5本厳選】ビジネスマン向けのおすすめスマートウォッチランキング! Apple Watchの普及によって、最近スマートウォッチを着ける人が増えてきましたよね。 ただ、僕はGショック等のデジタ...