イヤホン・ヘッドホン

【SOUNDPEATS H1 レビュー】装着感と音質がバツグンなワイヤレスイヤホン!

どうも、ワイヤレスイヤホン大好きうーた(@u_ta_kasou)です。

僕は毎年3つくらいのワイヤレスイヤホンを買っている、結構なワイヤレスイヤホン好きです。

それで最近悩みだったのが、イヤーピースの相性が悪いと耳が痛くなってしまうということ。

また、Air Pods Proをメインで使用していましたが、ノイキャンはすごいものの、少し音質には物足りなさを感じていました。

そうしていたら、Amazonで人気のワイヤレスイヤホンメーカーから本気の逸品がMakuakeで発表されましたよ。

SOUNDPEATS H1です!

・高音質で多くの音域の音を聴けるハイブリッドドライバー搭載

・ケース込み40時間のロングバッテリー

・コンプライ製イヤーチップで遮音性抜群

うーた
うーた
イヤホンなのに音の広がりが感じられ、遮音性の高いワイヤレスイヤホンですよ!

この記事では他のワイヤレスイヤホンと比較しながら、「SOUNDPEATS  H1」をレビューしていきます。

Makuakeでチェックする

このレビュー記事は、メーカー様より商品をご提供いただき執筆しております

SOUNDPEATS  H1の同梱物、デザイン、重量

正方形の箱に、新しいSOUNDPEATSのロゴとイヤホン本体の写真が大きくプリントされています。

耳の形に合わせて作られているためか、結構イヤホンの形も特徴的ですね。

同梱物

・説明書類
・H1イヤホン本体、ケース
・充電用Type−Cケーブル
・シリコンイヤーチップSML×各2個ずつ
・コンプライのイヤーチップ

SOUNDPEATS H1の大きなメリットとして、コンプライのイヤーチップが同梱されていることが挙げられます。

コンプライのイヤーチップは、低反発ポリウレタンで耳の形になじみ、遮音性が高くつけ心地が良いイヤーチップです。

引用:https://www.makuake.com/project/soundpeats_h1/

ぎゅっと指で潰してから耳に入れる手間はありますが、音質を考えると十分手間の価値はあると思います。

また、別でコンプライのイヤーチップを買った場合、約1,000円ほどしますので、そういった意味でもお得感があります。

ケースの状態を正面から見てみると、シンプルなデザインながらシックな感じでかっこいいです。

おそらくポリカーボネートですが、アルミのような質感で思ったより質感は良い感じ。

背面にはType Cポート、充電ランプがあります。

ケースを開けると電池の残量ランプと、イヤホンが本体があります。

程よく出っ張った状態で格納されており、マグネットの磁力もちょうどよいので、取り出しやすいです。

ケース込みの重量は55gで、AirPods Proと同じくらいなので、わりかし軽量な部類に入ります。

ケース込みの重量

SOUNDPEATS H1 → 55g

・Air Pods Pro → 56g

・Galaxy Buds Live → 42g

イヤホン片耳分の重量は6gなので、コチラはAirPods Proより1g重たいです。

ハイブリッドドライバーで、小さい空間に色々入っているからでしょうね。

次にサイズ感です。

左から、SOUNDPEATS H1、Galaxy Buds Live、Air Pods Pro

僕がよく使用しているワイヤレスイヤホンを並べてみましたが、サイズ的には少し大きめですね。

というのも、バッテリーがイヤホン単体で10時間、ケース込みで40時間再生可能なため、一般的なワイヤレスイヤホンより大容量。

H1は厚みが特に際立って大きい

ケース込みのバッテリー持続時間

SOUNDPEATS H1 → 40時間

・Air Pods Pro → 24時間

・Galaxy Buds Live → 21時間

厚みが結構あるため、胸ポケットには少し入れづらく、バックのポケットや上着のポケットであれば問題なく入るというサイズ感ですね。

うーた
うーた
リモート会議でワイヤレスイヤホンの使用頻度が上がっているので、バッテリー長持ちは安心ですね

SOUNDPEATS  H1をスマホとペアリング

ペアリングはとても簡単で、ケースを開けペアリングモードになった状態で、スマホのBluetooth設定画面で接続するだけ。

なお、BluetoothのSocには2020年最新で高性能な「Qualcomm®3040」を搭載

そのため、多くのコーデックでの無線通信に対応しています。

引用:https://www.makuake.com/project/soundpeats_h1/

対応コーデック

aptX™ Adaptive、SBC、AAC 等

この辺の話はややこしいのですが、AndroidではaptX、iPhoneだとAACに対応していると低遅延、高音質で聞けます。

一言でいえば、最新鋭の技術でほとんどのスマホで高音質で聞けるようになっているのが、SOUNDPEATS H1という感じですね。

うーた
うーた
僕はAndroidユーザーなので、AptXに対応しているのが非常に嬉しいですね!

SOUNDPEATS  H1の使用レビュー

低反発イヤーチップによる遮音性と着け心地が最高

体に優しいのに、しっかり仕事をしてくれるイヤーチップ

僕はシリコン製のイヤーチップだとたまに痒くなってしまうことがあるのですが、コンプライのイヤーチップは驚くことにまったく痒くなりません。

うーた
うーた
これは…快適でイイっ!長時間着けててもストレスになりません

また、低反発ポリウレタンのイヤーチップは耳の中で反発して耳の形にマッチすることから遮音性が高いです。

Air Pods Proのアクティブノイズキャンセリングと同じくらい、周りの雑音が消えます。

うーた
うーた
ノイキャン意外となくてもいける?!

おかげで電車の中での音楽鑑賞も快適。

少し周りが騒がしい喫茶店でも作業に集中できました。

アクティブノイズキャンセリングはたまに耳がくぐもった感覚に陥ることがありますが、イヤーチップでの遮音の場合はそれがないのが良いですね。

ハイブリッドドライバーで、ヘッドホンのような音の広さに

とにかく驚いたのが音質です。

高い音から低い音までしっかりカバーし、ヘッドホンで聞いていると勘違いするくらい音の空間が広い

SOUNDPEATSは、コスパの良いイヤホンメーカーというイメージだったので良い意味で驚かされました。

この音質の秘密は、ハイブリッド構成のドライバー

引用:https://www.makuake.com/project/soundpeats_h1/

深みのある低音と音の広がりを出すダイナミックドライバーと、繊細な音を出すバランスド・アーマチュア式ドライバーの2つが入っています。

どんな音楽でも良いですが、自分の中で特にびっくりしたのはクラシックとかジャズですね。

音の空間と低音の響きが十分なので、臨場感がすごいです。

また、テクノ系の曲がすごく好きなのですが、バランスド・アーマチュアドライバーのおかげでキックのキレがあり、いつもよりかっこよく聞こえます。

クラファンの応援価格は現在1万円弱なので、価格以上の音質なことは間違いなしですね。

タッチセンサー操作の感度は微妙

ここまではベタ褒めなのですが、操作性はいまいちです。

ロゴのあたりをタッチして操作する形式ですが、これがなかなか動作しない。

うーた
うーた
多分本体サイズの割にセンサー部分が小さいのかもしれません…

一方で再生と一時停止がダブルタップなので、誤作動が少ないというのは安心な点ではありますね。

通話品質もそこそこ、しかしイヤーチップのデメリットも

通話をしてみましたが、しっかりクリアに聞こえるとのことでした。

また、Qualcomm® cVc™(クリアボイスキャプチャー)というものに対応しているようで、ノイズ少なく通話が出来るとのこと。

反対に低反発イヤーチップが遮音性が高すぎることから、自分の声がぜんぜん聞こえないので通話のときは結構違和感があります。

うーた
うーた
シリコン製イヤーチップに変えれば大丈夫だったので、気になる方は使い分けで対応できますね

ゲームモードによる遅延低減

左イヤホンを3回タップすると、低遅延のゲームモードを起動することができます。

体感的に低遅延になっているとは感じますが、やはりそれでもDeemoなどの音ゲーだとまだコンマ何秒のずれがあるので難しいです。

一方音ゲー以外のゲームだと、全く違和感を感じないレベルでプレイできます。

うーた
うーた
音ゲー、FPSをガチでやっている方など、音を重視する方以外はゲームも十分に楽しめるイヤホンです!

バッテリー長持ち、ワイヤレス充電でストレスフリー

ワイヤレスイヤホンにおいて重要なバッテリー、充電関連が非常に優秀です。

ワイヤレス充電に対応しているので、自宅に帰ってきたらすぐにポンとワイヤレス充電台に置くだけです。

また、端子もUSB Type-Cなので、僕の場合はスマホと同じ端子を使用できるのが非常に良いですね。

ケース込みで40時間、イヤホン単体でも10時間の長時間バッテリーは本当に心強いです。

うーた
うーた
週1で週末に充電すれば十分ですし、長時間の通話でも安心感があります

SOUNDPEATS  H1のレビューまとめ

Good

・ハイブリッドドライバーで、ヘッドホン並の音質と臨場感
・コンプライで、ノイキャン並の遮音性&ずっと着けてても快適
・長時間バッテリーで、週1充電でも余裕

Bad

・操作性がいまいちなのと、通話時にコンプライだと自分の声がこもる

SOUNDPEATS H1は、音質、バッテリー、遮音性と三拍子揃ったイヤホンでした。

遮音性や、とにかくコスパよく音質を追求したいといった方には特におすすめなイヤホンですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうも、うーた(@u_ta_kasou)でした。

Makuakeでチェックする

【AirPods Proレビュー】スマートに音楽が聴ける「高級耳栓」のようなワイヤレスイヤホンどうも、ワイヤレスイヤホン5個以上所持しているうーた(@u_ta_kasou)です。 先日、iPhone SEがあまりにコスパが良...
【そこにライブがある】BA式なのに低音が豊かな高級イヤホン「Westone W40」レビュー! どうも、うーた(@u_ta_kasou)です。 イヤホンって、なかなか自分に合った機種って見つからないですよね。 イ...
【完全ワイヤレスイヤホン】Type−Cとワイヤレス充電対応「SOUNDPEATS TrueShift Q45」レビュー! イヤホン選びってかなり悩みますよね。 僕も有線イヤホンがすでに2本、また無線も3つほど使用しており、なかなかしっくりくる物...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です