スマートウォッチ

【HUAWEI Band 4 proレビュー】GPS搭載!スマートバンドの決定版

どうも、スマートウォッチを10本以上所持しているうーた(@u_ta_kasou)です。

スマートバンド型のスマートウォッチもだいぶ普及し、日常的にも着けている方をよく見かけるようになりました。

僕もコスパが良いMi Bandシリーズを好んで着けていましたが、競合機種として気になっていた「HUAWEI Band 4 pro」を購入しました!

・カラー有機ELディスプレイ搭載

・電話、メール、SNSの通知に対応

・GPS搭載なので、単体でルートのトラッキングも可能

・HUAWEI TruSleep™ 2.0により、高精度の睡眠計測

・カラー3種、ステンレスの高級感あふれるデザイン

うーた
うーた
スマートバンド型の決定版とも言えるモデルですよ!

この記事では、Mi Band 4ユーザーの僕が、比較を交えながら「HUAWEI Band 4 pro」のレビューをしていきます。

HUAWEI Band 4 proのスペック、HUAWEI Band 4との違い

製品名 HUAWEI Band 4 pro

HUAWEI Band 4
ディスプレイ 0.95インチAMOLED
240 × 120ピクセル
0.96インチTFT
80 x 160ピクセル
サイズ 約19mm×約45mm×約11mm 約18.5 mm x 約56 mm x 約12.5 mm
重量 約25g(ベルト含み) 約12 g (ベルト含まず)
対応OS Android? 4.4+ / iOS? 9.0+ Android 4.4 以降
iOS 9.0 以降
バッテリー 約12日 7~9日
防水 5ATM 5ATM
センサー 3軸加速度センサー
赤外線センサー
光学心拍センサー
6軸センサー(加速度センサー+ジャイロセンサー)
光学式心拍センサー
装着検知センサー
GPS ×

HUAWEI Band 4 proの開封、外観、重量

小振りなシンプルな箱に入って届きました。

・本体
・充電器
・クイックスタートガイド(日本語あり)
・保証とアフターサービスについて

次に外観、デザインのチェックです。

表面

0.9インチのカラーディスプレイ、その下には画面外の楕円形のタッチセンサーがあります。

また。ディスプレイの周囲のベゼル部分はステンレス製で高級感あるデザインとなっています。

僕が購入したのブラックなのでシックな感じですが、レッドやピンクはポップでキュートな感じです。

側面から見ると湾曲したデザインであることがわかります。

側面

厚みは11mmなので、平均的な厚みです。

裏面に充電ポート、心拍センサーがあります。

裏面

バンド形状はG-SHOCKなどと同じようなバックルがあるデザインになっているため、細い腕から太めな腕まで対応可能です。

充電は前世代のUSBプラグに直接差し込めるタイプから、はめ込み式になりました。

Mi Band 4ほど面倒ではありませんが、前世代の直接USB差込みのほうが充電器の心配をしなくてよかったので、少し残念な変更点ですね。

Mi Band 4と並べてみてみると、デザインの特色が異なります。

Huawei Band 4 Pro →角ばった高級感あるデザイン

Mi Band 4 → 丸みのあるミニマルなデザイン

どちらも素敵なデザインですが、僕はMi Band 4が好みです。

また、Huawei Band 4 Pro のほうが、若干薄型で縦幅が大きいです。

うーた
うーた
総じて言えば、Huawei Band 4 Proは男性向きなデザインだと言えると思います

HUAWEI Band 4 proをスマホアプリと連携

Huaweiモバイルサービス

Huaweiモバイルサービス

Huawei Internet Services無料posted withアプリーチ

Huawei Health

Huawei Health

Huawei Device Co,. LTD無料posted withアプリーチ

使用するにはスマホアプリとの連携が必要です。

Androidユーザーは、上記2つのアプリのインストール。

iPhoneユーザーは、Huawei healthのみインストールします。

なお、僕の場合はHuaweiモバイルサービスの最新版がインストールできなかったため、コチラからインストールしました。

上記の最新版のリンクは筆者は安全を確認しましたが、外部からインストールとなるため自己責任でお願いします。

ヘルスケアアプリをインストールし、ペアリングをするとホーム画面が表示されます。

なお、HuaweiIDの登録には、電話番号を使用するSMS認証が簡単でした。

ヘルスケアアプリでは下記のような事ができます。

・ワークアウト履歴の確認
・ウォーキング、ランニングのルート確認
・ウォッチフェイスの変更(Androidのみ)
・アラーム設定
・アプリ通知の設定

HUAWEI Band 4 proの使用レビュー

ウォッチフェイス

有機ELディスプレイなので非常にきれいです。

また、画面も0.9インチと大きな画面を搭載しているので、時刻のみやすさも抜群。

ウォッチフェイス(バンドフェイス)は、Android版であればスマホアプリ側からどんどん追加できます。

また、ディスプレイは普段は消灯していますが、腕をひねることによって点灯します。

うーた
うーた
精度も良いので使いやすいです

また、Apple Watchのようにふわっとフェードインするようにディスプレイが点灯するのも高級感があって良いですね。

ステータス

下にスライドすると、様々なメニューが出てきます。

足のアイコンをタップすると詳細情報を見ることができます。

歩いた距離、消費カロリーなど運動の成果を手元で確認することができます。

心拍計

心拍センサーを搭載しているため、心拍数を測ることができます。

手動で心拍数を図りたいときはこの画面でチェックできます。

なお、ワークアウト中は自動で測定がスタートされますし、設定で普段から測定を自動で行う方法もあります。

睡眠計

HUAWEI TruSleep™と謳っているだけあって、睡眠測定が正確です。

左がHUAWEI Band 4 proですが、実際に寝た時間から数分以内の誤差で測定されています。

反対に、右のMi Band 4は2時間ほどずれてしまってます。

うーた
うーた
正確に睡眠の計測をしたいなら、Huawei Band 4 Proですね

睡眠測定は、電池持ちが良く軽量のスマートバンド型ならではの機能です。

具体例を出すと、僕の場合はお酒を飲んだ夜は睡眠が浅いと表示されていて、「寝る前のお酒は気をつけよう」と少し意識するようになりました。

うーた
うーた
睡眠測定で睡眠の質が改善されました

ワークアウト

ワークアウトは11種類計測できます。

6軸のセンサーを搭載しているため、計測できる運動の数は多めですね。

なお、バンド本体にGPSが搭載されているため、単体でルートのトラッキングができます。

うーた
うーた
バンド単体でランニングやウォーキングの正確な計測ができるので良いですね!

通知(メッセージ)

メッセージという項目で通知を見ることができます。

うーた
うーた
スマホを取り出す手間が減るので、通知が手元で見れるのは便利ですね

ちなみに、スマホアプリ側から、どのアプリから通知を行うか選択できます。

なお、差出人が表示されるので大体予測はできますが、アイコンが表示されないので何の通知かわかりづらいときがありますね。

音楽コントロール

音楽コントロールを手元で行うことができます。

ちなみに注意点としては、音楽を本体に保存することができないのでHuawei Band 4 Pro単体では音楽が聴けませんので注意が必要です

その他

その他の設定や機能をいじれます。

・タイマー
・ストップウォッチ
・文字盤(バンドフェイス)設定
・スマートフォン探索
・明るさ設定
・画面オン設定
・バッテリー表示

ユニークな機能としては、「スマートフォン探索」と「画面オン」設定ですね。

スマートフォン探索をすると、無くしてしまった時にスマートフォンの音を鳴らし見つけることができます。

画面オン設定では、5分限定ですが常時表示をすることができるので、場面によっては便利に使用することができそうです。

HUAWEI Band 4 proをMi Band 4と比較

製品名 HUAWEI Band 4 pro
Mi Band 4

価格 約8,000円 約4,000円
GPS ×
バッテリー 12日間 20日間

スマートバンド型で言えばMi Band 4と悩む方が多いと思うのでざっくり比較すると、大きな違いは3点です。

①価格
②GPSの有無
③電池もち

この3点を踏まえると、基本的にはMi Band 4がおすすめです。

なぜなら、HUAWEI Band 4 proと比べて、GPSは搭載していないもののバッテリー持ちは2倍ほどで、価格は約半分なためです。

しかし、ランナーさんにとってはHUAWEI Band 4 pro単体でGPSでルートを取れるのでその点はいいですよね。

どんな方に書くスマートバンドがおすすめかをまとめたのが下記の通りです。

コスパ、電池もちを求める方
Mi Band 4

ウォーキング、ランニングをよく行う方
HUAWEI Band 4 pro

HUAWEI Band 4 proのレビューまとめ

・GPS搭載のスマートバンド型の決定版

・睡眠測定機能と、ランニングのルートトラッキングが優秀

・Mi  Band 4にコスパでは劣るものの、高級感があふれる良モデル

スマートバンド型のスマートウォッチは、「Mi Band 4で完成された」と思っていましたが、それを上回る完成度でした。

薄型軽量でしっかりとしたスマートウォッチをお探しの方は検討してみてはいかがでしょうか。

どうも、うーた(@u_ta_kasou)でした。

▼コスパの良い、大人気スマートバンド

【Mi Smart Band 4 徹底レビュー】カラーディスプレイ搭載になった最強コスパスマートバンド!どうも、スマートウォッチを10本以上持っているうーた(@u_ta_kasou)です。 世界的にも大人気な「Mi Band」シリーズ...

▼1万円以下でおすすめのスマートウォッチ

【2020年最新】マニアが選ぶ1万円以下の安いスマートウォッチおすすめ5選どうも、スマートウォッチマニアのうーた(@u_ta_kasou)です。 最近流行っているスマートウォッチですが、結構高価ですよね・...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です