iPad

【iPhone、iPad】「Apple IDの確認」と頻繁に出てしまう時の原因と対策

どうも、うーた(@u_ta_kasou)です

iPhone、またはiPadで「Apple IDの確認」と出たことありませんか?

僕はこの表示をおそらく10回以上みており、パスワードを入力すれば一旦表示は消えるものの、何回も起きたので面倒でした。

全ての方に当てはまる対策かどうかまでは分からないのですが、自分が解決できた対策方法を書いていきます。

この表示を放置しておくと、Apple IDのロックにも繋がっていきますので、早めの対処をお勧めします。

「Apple IDの確認」と出る原因

僕の場合は、Apple IDのセキュリティが弱い状態にあることが原因でした。

そのまま放置していたらアカウントがロックされてしまい、秘密の質問の入力を求められたり、パスワードの再設定が必要になってしまいました。

なので、表示が出たらすぐに下の対策をとりましょう。

「Apple IDの確認」と出た時の対策

2段階(ファクタ)認証を有効にすると解決します。

2段階認証はID・パスワードに加えて、さらに別の方法で本人確認を行なうことで、安全にサービスを利用するためのシステム。スマホのSMSに送られてきた認証番号を入力する形式がもっとも多い。

下の引用文を元に操作を行なってください。

iOS 10.3 以降をお使いの場合は、以下の手順を実行してください。

1. 「設定」>「[ユーザ名]」>「パスワードとセキュリティ」の順に選択します。

2. 「2 ファクタ認証を有効にする」をタップします。

3. 「続ける」をタップします。

引用:https://www.apple.com/jp/

iOS 10.2 以前をお使いの場合は、以下の手順を実行してください。

1. 「設定」>「iCloud」の順に選択します。

2. Apple ID >「パスワードとセキュリティ」の順にタップします。

3. 「2 ファクタ認証を有効にする」をタップします。

4. 「続ける」をタップします。

※Apple ID のセキュリティ質問への回答を求められる場合があります。

引用:https://www.apple.com/jp/

その後、スマートフォンで2段階認証をします。

①サインイン時に確認コードを受け取りたい電話番号を入力します。

②「次へ」をタップすると、指定した電話番号に Apple から確認コードが届きます。

③その確認コードを入力し、電話番号の確認作業を済ませると、2 ファクタ認証が有効になります。

引用:https://www.apple.com/jp/

これで認証は完了です。

2段階(ファクタ)認証を有効にしたら、二度と「Apple IDの確認」と表示が出なくなりました 。

ぜひ、試してみてくださいね。

それではまた。

【iPad】iOSブラウザ版のWordPressの編集画面で、上部ツールバーがスクロールで隠れてしまう時の対処法 僕はブログを執筆する時、PCとiPad半分ずつくらいで記事を書いています。 iPad Proで記事を書き始めてから2ヶ月ほど経...