iPad

新しいiPad(2018)がコスパ抜群だけど、「ちょっと待った!」な話

どうもうーたです。

新しいiPad(2018)が先日発表されました。

f:id:u-ta-kasou:20180330171711j:plain

お絵かきする僕にとっては、4万円切りでapple pencilが対応になっただけでとても欲しくなってしまいました・・・(´・ω・`)

それを今回は、後悔する衝動買いになってしまわないよう、「ちょっと待った!」な話をまとめてみました。

①iPad pro新型(2018)が10月に控えているよ

f:id:u-ta-kasou:20180330163622j:plain

今までのパターンからいけば、10月にipad pro(またはipad x)の新型が発表される見込みとなっています。

10/30発表されました。

【iPad pro 2018】Androidユーザーが新iPad Proを初購入!1日使った感想とレビュー!どうも、うーた(@u_ta_kasou)です。 11月7日、ついにiPad proを購入しました! 実は、僕は生粋のAndr...

 

ノッチ搭載のベゼルレスディスプレイFace IDに対応してくる可能性が高いです。

→ノッチなしベゼルレスディスプレイ、Face ID搭載でした。

新しいもの好きや、ガジェオタの皆さんにとっては、一番これが大きなことですよね。

これはあくまで予定であって、今年の夏や秋かもしれないし、そもそも魅力的な製品ではないかもしれません。

ただし、9月に新型が来るのはかなり濃厚なので、魅力的な新iPad pro(またはX)が出て、後悔して親指を咥えて見ているという事にならないようにしましょう。

②ipad pro(2017)10.5インチもいい製品だよ

f:id:u-ta-kasou:20180330171542p:plain

去年のipad pro10.5インチもかなりいい製品です。

なお、公式サイトで、wi-fiモデルのストレージが一番小さいところで比較したら、約3万円の価格差があります。

f:id:u-ta-kasou:20180330171955p:plain

なので、当然といえば当然ですが、新しいiPadiPad pro10.5インチに、CPU、カメラ性能、ディスプレイ、スピーカーほとんどのスペックで負けています。

勝っているのは、価格、コンパクトさ(わずかな差)だけです。

あとは、あまり知られていない事としては、10インチ以下である新しいiPadはMicrosoft officeが無料で使えたりします。iPad pro10.5以上は有料

高いですが魅力的なiPad proがあり、新しいiPadはそこから大幅なスペックダウンをしているという事を頭に入れておきましょう。

また、高いのであきらめた方もiPad pro10.5インチは価格.comでは1万円ほど公式より安く買えたりするので、そちらもチェックしてもいいと思います。

※ローンが使えない、ソフトバンクWiFiスポットの設定ができない?等のデメリットもあるので注意

kakaku.com

③ipadの使用用途を考えてみよう

f:id:u-ta-kasou:20180330174036j:plain

自分がiPadを何に使うか考えるのは、購入の判断に大切になってきます。

例えば、

・ブラウジング

・電子書籍を読みたい

だけだったら、他のAndroidタブレットkindleがいいかも知れないし

・レポートをまとめたり

・ブログの記事を書いたり

がほとんどの用途になるんだったら、ノートパソコンのが良いかもしれないし

・動画の編集や書き出しをしたい

・絵を描きたい

・音楽の打ち込みをしたい

を頻繁に行ったり、その方面のプロの方だったら、iPad proのほうが適任となってきます。

新しいiPadでは上にあげたようなことは、ある程度そつなくこなせるが、どこかに特化してる製品ではなく、他にもっと良い製品があるかもしれないという事を踏まえた上で購入するようにしたいですね。

ちなみに僕の使用用途は、

・ブログのイラストや、ゲームキャラを描きたい

・ブログの下書きをしたい

・ゲームをしたい

・音楽の打ち込みをしたい

・最近のiOS端末を一個持っておきたい

というのが挙げられ、結構広く浅いです。

この中でも大きいのは絵ですかねー。

ペンタブ(いわゆる板タブ)も液タブも使った事ありますが、携帯端末の液タブの手軽さは本当にいいんですよね。

また、ゲームもAndroidよりiOSのほうが安定していることが大きいので、持っておきたいなっていうのがあります。

なので、僕は上のことを考えても「結局欲しいな・・・」ってなってます。

 まとめ

けなしてはみたものの、新しいiPad(2018)は大体のことがそつなくできるコスパ抜群のタブレットになってます。

ちょっと待った‼」な話を含めたうえでも、「やっぱ買いたい‼」となればいい買い物になると思います。

それではまた。