スマートウォッチ

【Xiaomi スマートウォッチ】Amazfit、Mi Bandシリーズの比較、まとめ!

どうも、うーた(@u_ta_kasou)です

Xiaomiが出資していて、ユニークなスマートウォッチを多く世に出している「Amazfit」シリーズ。

たくさんの種類があり、どれがどんなスマートウォッチなのかよくわかりませんよね。

この記事では、Amazfitシリーズを3本、Mi Bandシリーズを2本所持している僕が、シリーズまとめて紹介していきます。

Amazfit、Mi Bandシリーズの関係について

まず、最初に説明しておきたいのが、XiaomiHuamiAmazfit⇔Mi Bandの関係についてです。

Amazfit→Xiaomiが出資しているHuamiという会社が作ったウェアラブルデバイスブランド

Mi Band→Huamiが製造し、Xiaomiのブランド名で出しているスマートバンド

ブランド名の違いだけで、Xiaomiがお金を出し、Huamiが製造しているという点で共通しています。

現に、管理アプリの「Mi Fit」と「Amazfit」の両アプリは情報の同期がされるようになり、仕組みがほぼ一緒になりました。

Amazfit、Mi Bandシリーズ比較、まとめ

Amazfit Bip

<Good>

・45日間の超ロングバッテリー
・薄型、軽量
・ディスプレイ常時点灯(表示)

<Bad>

・見た目がチープ
・液晶なので鮮やかさに欠ける

常時点灯、最長の電池持ち、コスパ最強のスマートウォッチ

シリーズの中で抜群にバッテリーが持ちます

なんと通常使用で45日間

GPSや心拍系も搭載しているので、フィットネスもばっちりです。

また、ディスプレイが常時点灯しているため、手首を傾ける必要がなく時刻の確認がより確実に行えます。

軽量薄型なので、女性や細身の男性にもお勧めですし、着用感も不快感が全くありません。

欠点としては、見た目がチープなところと、有機ELではないためディスプレイが鮮やかではない点です。

しかし、見た目はバンドやウォッチフェイスの変更である程度はカバーでき、液晶は日光下では見やすいというメリットもあります。

また、Amazfit Bip Liteという機種もありますが、おそらくカラバリが追加されただけっぽいです。

【比較】Amazfit bipがApple Watchやandoroid wearよりオススメな4つの理由 僕はスマートウォッチが大好きです。 元々腕時計が好きなこともあるのですが、スマートウォッチはコンパクトボディに機能がたくさん入って...

Amazfit Stratos

<Good>

・セラミック、カーボン仕上げのデザインがクール
・ディスプレイ常時点灯(表示)
・円形ディスプレイの中では長持ちな10日間バッテリー

<Bad>

・本体が分厚い
・液晶なので鮮やかさに欠ける

常時点灯、ゴツくてクールなスマートウォッチ

ゴツくてカッコいい、そのかわり分厚いというデメリットを持ったスマートウォッチです。

機能も割と豊富なのですが、やはり紹介していきたいのはデザイン。

セラミックベゼルと、カーボン風に作られたケースは、スポーツでもビジネスでもどんな場面にもマッチします。

また、円形ディスプレイの中ではわりかし電池の持ちも良く10日間ほど持ち、常時点灯もできます。

まさに腕時計のように使えるスマートウォッチとなっています。

「Amazfit stratos(pace2)」レビュー!常時点灯できるイカす円形スマートウォッチ!どうも、うーた(@u_ta_kasou)です。 今回は「Amazfit stratos(PACE2)」のレビューをしていこうと思い...

Amazfit Cor 2

<Good>

・筐体がスリムでクール
・ベゼルが金属なため高級感がある
・薄型軽量

<Bad>

・ディスプレイ常時点灯(表示)できない
・液晶なので鮮やかさに欠ける
・Mi band4に比べると魅力に欠ける

スリムでクールなスマートバンド

Amazfitブランドでは珍しいスマートバンド型です。

縦長のフォルムとグレーの金属ベゼルがクール。

通知や音楽コントロール、フィットネスなど、一通りの機能は使えて6000円代くらいで買えるので、コスパはいいです。

しかし、今はMi Band4が発売されたため、高級なデザインを求める方以外は基本的にそちらがおすすめです。

【Amazfit Cor2】スペック情報とAmazfit Corとの比較 Amazfit Cor2が先日発売されました。 Amazfitシリーズの中では、1番の最新機種になります。(2019年5月...

Amazfit Verge

<Good>

・有機ELのためディスプレイが鮮やかできれい

・ボイスコントロール、NFCなど多機能

<Bad>

・ディスプレイ常時点灯(表示)できない
・電池持ちが一番悪く、5日間

有機EL搭載、ボイスコントロール、NFC

Amazfitシリーズで、初めて有機ELを搭載したスマートウォッチで、多機能です。

中国ではボイスコントロールや、NFCを使った電子決済もできます。

また、気圧計も含むセンサー類を5つ搭載しています。

ワークアウトも12種計測できるので、計測でほぼ困ることはないでしょう。

しかし、プラスチックでチープなデザインと、バッテリー持ちが悪いのが欠点です。

【スマートウォッチ】新型「Amazfit3 Verge」が発表!所感をまとめてみた。どうも、うーたです。 先日、Amazfitの新型、「Amazfit3 Verge」がHuamiより正式発表されました。 ww...

Amazfit Verge Lite

<Good>

・有機ELのためディスプレイが鮮やかできれい
・電池持ちが良く20日間もつ
・コスパが良い

<Bad>

・ディスプレイ常時点灯(表示)できない
・デザインがチープ

有機ELで20日電池持ちの改良版

Bluetooth5.0搭載により、省電力になったVergeです。

バッテリーのもちが良く、通常使用で20日持ちます。

センサーが2個削られているものの、価格も安くなっているので、デザインが気に入ればお買い得だと思います。

Amazfit Verge Lite

Gearbestでチェック

Amazfit GTR

<Good>

・有機ELのためディスプレイが鮮やかできれい
・薄型軽量なのに24日間のロングバッテリー
・ケースサイズ、カラー、金属を自分で選べる
・スーツにも合うデザインがかっこいい

<Bad>

・ディスプレイ常時点灯(表示)できない
・7月23日現在では、取り扱いショップが少ない

電池持ちが24日間、サイズが選べてスーツにも合う

2019年7月に発売されたばかりの、VergeとVerge Liteの機能のいいとこ取りをし、デザインを洗練させたモデルです。

Amazfitシリーズでは初めてサイズも選べるのが特徴で、女性も選びやすいモデルになっています。

Stratosと違い薄型なので、腕が細い方がつけても似合いますし、シャツの袖も通りやすく、スーツにもバッチリです。

一番驚きなのは、薄型軽量なのに24日間バッテリーが持つことです。

有機ELなのでディスプレイもすごく綺麗ですし、正直デメリットは常時点灯できないことくらいしか思いつきません。

現状、取り扱いのショップが少ないですが、徐々に供給が十分になれば爆発的に売れると思います。

【新型 Amazfit GTR 発表】薄型でスマートなのに、24日間電池がもつスマートウォッチ! 7月16日、Amazfitの新型「Amazfit GTR」が発表されました! https://youtu.be/glx-q...

Amazfit GTR

Gearbestでチェック

Amazfit Smart Watch2

<Good>

・eSIM対応で単独で通話可能
・心電図を計測できるモデルもあり
・セラミックベゼルが高級感ある

<Bad>

・通話機能は中国国内のみ
・7月23日現在では、取り扱いショップが少ない

通話ができるスマートウォッチです。

おそらく現在出ているAmazfitシリーズでは、一番高機能なのですが中国以外だと性能を生かしきれません。

また、現在では取り扱いのショップも少なく、僕が探した限りではグローバルモデルが見つからないので、まだ日本で使用するにはちょっと微妙なモデルです。

Amazfit Smart Watch2

Banggoodでチェック

Mi Band 3

<Good>

・一番軽量
・一番安い
・本体が日本語対応

<Bad>

・ディスプレイ常時点灯(表示)できない
・時刻が見づらいのと、機能が最小限

激安スマートバンド

世界でも爆発的に売れたスマートバンドです。

売れた理由は価格崩壊とも言えるレベルのコスパの良さ

2000円台で本格的なスマートバンドが手に入ります。

この価格なのに通知、ワークアウトなどの最小限の機能は使えますよ。

また、Mi Band 3だけの長所として、本体が日本語に対応しています。

しかし、ディスプレイがモノクロでなおかつ小さいので、視認性は悪いのが欠点です。

【Xiaomi】mi band3レビュー!多機能で日本語完全対応、コスパ最強スマートバンドどうも、うーた(@u_ta_kasou)です。 今回は世界でも大人気のコスパ最強のスマートバンド、「mi band3」のレビューを...
AKEEYO
¥3,700
(2019/08/23 10:33:36時点 Amazon調べ-詳細)

Mi Band 4

<Good>

・薄型軽量
・カラー有機ELディスプレイで表示も見やすい
・機能も一通り揃っていてコスパが良すぎる

<Bad>

・ディスプレイ常時点灯(表示)できない

カラーディスプレイになった大本命のスマートバンド

カラーディスプレイ搭載になり、機能も追加された、コスパ最強スマートバンドとなりました。

3の欠点はほぼ克服し、良いところはそのまま残しています。

新機能としては、公式アプリでウォッチフェイスを50種類くらいの中から選べるようになりました。

Mi Band3と4の共通の良い点ですが、バンドが細くサラサラなので、夏でもつけていて不快になりません。

気軽に着用できるのに、ディスプレイも綺麗で、機能も不足なく、楽しく使えるスマートバンドです。

欠点としてあげるとすれば、常時点灯ができない点と、スマートバンド型なので時計とは見た目が異なることくらいです。

【Mi Band 4 徹底レビュー】カラーディスプレイ搭載になった最強コスパスマートバンド! 世界的にも大人気な「Mi Band」シリーズ。 新型の「Mi Band 4」では、とうとうカラーディスプレイが搭載されたの...

目的別におすすめなAmazfit、Mi Bandシリーズ

電池持ち、常時点灯で選ぶなら → Amazfit Bip

コスパで選ぶなら → Mi Band 4

デザインで選ぶなら → Amazfit GTR

個人的な目的別のオススメは上記の通りです。

新製品などがまた発売されましたら、随時情報を更新していきます。

どうも、うーた(@u_ta_kasou)でした。

Amazfit GTR

Gearbestでチェック