スマートウォッチ

【Xiaomi スマートウォッチ】Amazfit、Mi Bandシリーズの比較、まとめ!

どうも、うーた(@u_ta_kasou)です

Xiaomiが出資していて、ユニークなスマートウォッチを多く世に出している「Amazfit」シリーズ。

たくさんの種類があり、どれがどんなスマートウォッチなのかよくわかりませんよね。

この記事では、Amazfitシリーズを3本、Mi Bandシリーズを2本所持している僕が、シリーズまとめて紹介していきます。

Amazfit、Mi Bandシリーズの関係について

まず、最初に説明しておきたいのが、XiaomiHuamiAmazfit⇔Mi Bandの関係についてです。

Amazfit→Xiaomiが出資しているHuamiという会社が作ったウェアラブルデバイスブランド

Mi Band→Huamiが製造し、Xiaomiのブランド名で出しているスマートバンド

ブランド名の違いだけで、Xiaomiがお金を出し、Huamiが製造しているという点で共通しています。

現に、管理アプリの「Mi Fit」と「Amazfit」の両アプリは情報の同期がされるようになり、仕組みがほぼ一緒になりました。

Amazfit、Mi Bandシリーズ比較、まとめ

Amazfit Bip

<Good>

・45日間の超ロングバッテリー
・薄型、軽量
・ディスプレイ常時点灯(表示)
・アプデで日本語対応済み

<Bad>

・見た目がチープ
・液晶なので鮮やかさに欠ける

常時点灯、最長の電池持ち、コスパ最強のスマートウォッチ

シリーズの中で抜群にバッテリーが持ちます

なんと通常使用で45日間

GPSや心拍系も搭載しているので、フィットネスもばっちりです。

また、ディスプレイが常時点灯しているため、手首を傾ける必要がなく時刻の確認がより確実に行えます。

軽量薄型なので、女性や細身の男性にもお勧めですし、着用感も不快感が全くありません。

欠点としては、見た目がチープなところと、有機ELではないためディスプレイが鮮やかではない点です。

しかし、見た目はバンドやウォッチフェイスの変更である程度はカバーでき、液晶は日光下では見やすいというメリットもあります。

また、Amazfit Bip Liteという機種もありますが、カラバリが追加されたのと、GPSがあるかないかの違いだけです。

【比較】Amazfit bipがApple Watchやandoroid wearよりオススメな4つの理由【レビュー】 僕はスマートウォッチが大好きです。 元々腕時計が好きなこともあるのですが、スマートウォッチはコンパクトボディに機能がたくさん入...

Amazfit GTS

<Good>

・1.65インチの大型有機ELディスプレイ
・薄型、軽量なのに14日間バッテリー
・6色から選べて男性も女性もつけやすいデザイン

<Bad>

・見た目がモロApple Watch
・ディスプレイ常時点灯(表示)できない

Apple Watchキラー

よりApple Watchに近づいた、Amazfit Bipという印象です。

ですが、Amazfit Bipの欠点でもあり長所でもあった、常時点灯する反射型液晶は、常時点灯ができない有機ELディスプレイとなりました。

しかし、6色展開となり有機ELでディスプレイは綺麗になったので、デザインはより洗練されました。

機能はApple Watchより少ないですが、バッテリーは14日間と驚異のバッテリーなので、中国国内ではApple Watchキラーとなりそうです。

【Amazfit GTS 発表】Amazfit Bipの正当後継機!?スペック、特徴、買えるショップまとめ 先日、HuamiよりAmazfitの新型「Amazfit GTS」の発表がありました。 このスマートウォッチはスクエア型の...

Amazfit Stratos

<Good>

・セラミック、カーボン仕上げのデザインがクール
・ディスプレイ常時点灯(表示)
・円形ディスプレイの中では長持ちな10日間バッテリー

<Bad>

・本体が分厚い
・液晶なので鮮やかさに欠ける

常時点灯、ゴツくてクールなスマートウォッチ

ゴツくてカッコいい、そのかわり分厚いというデメリットを持ったスマートウォッチです。

機能も割と豊富なのですが、やはり紹介していきたいのはデザイン。

セラミックベゼルと、カーボン風に作られたケースは、スポーツでもビジネスでもどんな場面にもマッチします。

また、円形ディスプレイの中ではわりかし電池の持ちも良く10日間ほど持ち、常時点灯もできます。

まさに腕時計のように使えるスマートウォッチとなっています。

「Amazfit stratos(pace2)」レビュー!常時点灯できるイカす円形スマートウォッチ! 今回は「Amazfit stratos(PACE2)」のレビューをしていきます。 この商品はXiaomiの子会社「Huam...
xiaomi huami amazfit
¥23,299
(2019/12/15 22:12:06時点 Amazon調べ-詳細)

Amazfit Stratos 3

<Good>

・ディスプレイ常時点灯(表示)
・円形なのにディスプレイが欠けないFullMoonディスプレイ
・円形ディスプレイの中では長持ちな7〜14日間バッテリー

<Bad>

・本体が分厚い(初代Stratosよりはマシ)
・液晶なので鮮やかさに欠ける

ディスプレイ常時点灯スポーツウォッチの決定版

最近のAmazfitシリーズでは、超レアな常時点灯液晶です。

他のAmazfitが有機ELに移行する中、Stratosのみ常時点灯液晶で通してきました。

しかも、FullMoonディスプレイとなり、下部の画面欠けもなくなりました。

また、少し薄くなり、バッテリー持ちの良いウルトラモードを選択出来るようになったので、弱点も克服してきた印象です。

評判の良かったデザインは概ねそのままなので、Stratosファンは欲しくなるようなスポーツウォッチとなっています。

【Amazfit Stratos3 発表】常時点灯スポーツウォッチの正当後継機! 先日、HuamiよりAmazfitの新型「Amazfit Stratos3」の発表がありました。 このスマートウォッチは常...

Amazfit Cor 2

<Good>

・筐体がスリムでクール
・ベゼルが金属なため高級感がある
・薄型軽量

<Bad>

・ディスプレイ常時点灯(表示)できない
・液晶なので鮮やかさに欠ける
・Mi band4に比べると魅力に欠ける

スリムでクールなスマートバンド

Amazfitブランドでは珍しいスマートバンド型です。

縦長のフォルムとグレーの金属ベゼルがクール。

通知や音楽コントロール、フィットネスなど、一通りの機能は使えて6000円代くらいで買えるので、コスパはいいです。

しかし、今はMi Band4が発売されたため、高級なデザインを求める方以外は基本的にそちらがおすすめです。

【Amazfit Cor2】スペック情報とAmazfit Corとの比較 Amazfit Cor2が先日発売されました。 Amazfitシリーズの中では、1番の最新機種になります。(2019年5月...
Xiaomi 2019最新版 Amazfit band 2 スマート ブレスレット Amazfit cor 2
Duang

Amazfit Verge

<Good>

・有機ELのためディスプレイが鮮やかできれい

・ボイスコントロール、NFCなど多機能

<Bad>

・ディスプレイ常時点灯(表示)できない
・電池持ちが一番悪く、5日間

有機EL搭載、ボイスコントロール、NFC

Amazfitシリーズで、初めて有機ELを搭載したスマートウォッチで、多機能です。

中国ではボイスコントロールや、NFCを使った電子決済もできます。

また、気圧計も含むセンサー類を5つ搭載しています。

ワークアウトも12種計測できるので、計測でほぼ困ることはないでしょう。

しかし、プラスチックでチープなデザインと、バッテリー持ちが悪いのが欠点です。

【Amazfit3 Verge 発表】所感をまとめてみた。 先日、「Amazfit Verge」がHuamiより正式発表されました。 www.youtube.com 今までのナ...

Amazfit Verge Lite

<Good>

・有機ELのためディスプレイが鮮やかできれい
・電池持ちが良く20日間もつ
・コスパが良い

<Bad>

・ディスプレイ常時点灯(表示)できない
・デザインがチープ

有機ELで20日電池持ちの改良版

Bluetooth5.0搭載により、省電力になったVergeです。

バッテリーのもちが良く、通常使用で20日持ちます。

センサーが2個削られているものの、価格も安くなっているので、デザインが気に入ればお買い得だと思います。

Amazfit Verge Lite

Gearbestでチェック

Amazfit GTR

<Good>

・有機ELのためディスプレイが鮮やかできれい
・薄型軽量なのに24日間のロングバッテリー
・ケースサイズ、カラー、金属を自分で選べる
・スーツにも合うデザインがかっこいい

<Bad>

・ディスプレイ常時点灯(表示)できない
→アプデ後、設定でAOD(常時点灯)適用可能だが専用ウォッチフェイス
・日本語の通知が表示できない

電池持ちが24日間、サイズが選べてスーツにも合う

2019年7月に発売されたばかりの、VergeとVerge Liteの機能のいいとこ取りをし、デザインを洗練させたモデルです。

Amazfitシリーズでは初めてサイズも選べるのが特徴で、女性も選びやすいモデルになっています。

Stratosと違い薄型なので、腕が細い方がつけても似合いますし、シャツの袖も通りやすく、スーツにもバッチリです。

一番驚きなのは、薄型軽量なのに24日間バッテリーが持つことです。

有機ELなのでディスプレイもすごく綺麗です。

欠点は、日本語通知に非対応な点。

しかし、ソフトウェアップデートで改善されそうなので今後に期待です。

【Amazfit GTR 比較レビュー】Stratosよりも薄型軽量、バッテリー持ち抜群! 最近、Amazfitシリーズの新作がたくさん出ましたが、その中でも一番デザインに優れたスマートウォッチがあります。 「Am...

Amazfit Smart Watch2(Verge2)

<Good>

・eSIM対応で単独で通話可能
・心電図を計測できるモデルもあり
・セラミックベゼルが高級感ある

<Bad>

・通話機能は中国国内のみ

通話ができるスマートウォッチです。

おそらく現在出ているAmazfitシリーズでは、一番高機能なのですが中国以外だと性能を生かしきれません。

また、現在では取り扱いのショップも少なく、僕が探した限りではグローバルモデルが見つからないので、まだ日本で使用するにはちょっと微妙なモデルです。

Amazfit Smart Watch2

Banggoodでチェック

Mi Band 3

<Good>

・一番軽量
・一番安い
・本体が日本語対応

<Bad>

・ディスプレイ常時点灯(表示)できない
・時刻が見づらいのと、機能が最小限

激安スマートバンド

世界でも爆発的に売れたスマートバンドです。

売れた理由は価格崩壊とも言えるレベルのコスパの良さ

2000円台で本格的なスマートバンドが手に入ります。

この価格なのに通知、ワークアウトなどの最小限の機能は使えますよ。

また、Mi Band 3だけの長所として、本体が日本語に対応しています。

しかし、ディスプレイがモノクロでなおかつ小さいので、視認性は悪いのが欠点です。

【Xiaomi】mi band3レビュー!多機能で日本語完全対応、コスパ最強スマートバンド 今回は世界でも大人気のコスパ最強のスマートバンド、「mi band3」のレビューをしていこうと思います。 この商品はXia...
AKEEYO
¥3,778
(2019/12/15 21:40:52時点 Amazon調べ-詳細)

Mi Band 4

<Good>

・薄型軽量
・カラー有機ELディスプレイで表示も見やすい
・機能も一通り揃っていてコスパが良すぎる

<Bad>

・ディスプレイ常時点灯(表示)できない

カラーディスプレイになった大本命のスマートバンド

カラーディスプレイ搭載になり、機能も追加された、コスパ最強スマートバンドとなりました。

3の欠点はほぼ克服し、良いところはそのまま残しています。

新機能としては、公式アプリでウォッチフェイスを50種類くらいの中から選べるようになりました。

Mi Band3と4の共通の良い点ですが、バンドが細くサラサラなので、夏でもつけていて不快になりません。

気軽に着用できるのに、ディスプレイも綺麗で、機能も不足なく、楽しく使えるスマートバンドです。

欠点としてあげるとすれば、常時点灯ができない点と、スマートバンド型なので時計とは見た目が異なることくらいです。

【Mi Band 4 徹底レビュー】カラーディスプレイ搭載になった最強コスパスマートバンド! 世界的にも大人気な「Mi Band」シリーズ。 新型の「Mi Band 4」では、とうとうカラーディスプレイが搭載されたの...
シャオミ(Xiaomi)
¥3,839
(2019/12/16 10:21:59時点 Amazon調べ-詳細)

Mi Watch

<Good>

・Android Wearベースなので高機能
・大型有機ELディスプレイで表示も見やすい
・eSIM対応で、LTE通信、通話可能
・デジタルクラウンで操作が快適

<Bad>

・どっからどう見てもAppleWatch

eSIMで通話可能、Xiaomiが本気で作ったスマートウォッチ

一番の特徴はデジタルクラウンと単体で通話できることです。

(eSIMの日本対応は未定)

そして、欠点はわかりやすく、どっからどう見てもAppleWatchのコピーなことです。

ある意味これこそ、Xiaomiという感じもしますが、久しぶりに来ましたね・・・。

しかし、コスパモンスターは健在で、Android WearベースのMIUI Watch搭載で高機能にも関わらず、2万円台です。

Gearbestでチェック

目的別におすすめなAmazfit、Mi Bandシリーズ

電池持ち、常時点灯で選ぶなら → Amazfit Bip

コスパで選ぶなら → Mi Band 4

デザインで選ぶなら → Amazfit GTR

個人的な目的別のオススメは上記の通りです。

新製品などがまた発売されましたら、随時情報を更新していきます。

どうも、うーた(@u_ta_kasou)でした。

シャオミ(Xiaomi)
¥3,839
(2019/12/16 10:21:59時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonギフト券での購入がおすすめ。

Amazonギフト券のチャージタイプを購入すると、アカウントに残高が追加され、Amazonでの買い物に使用できる仕組みとなっています。

僕もこの前初めて使いましたが、2%ポイントがつきました! やらなきゃ損なシステムなので、ぜひチェックしてみてくださいね。