switch

【switch】ドックの小型化、携帯に最適!「ミニ携帯ドック 充電スタンド」レビュー!

どうも、うーた(@u_ta_kasou)です。

 

switchエンジョイしていますか?

 

switchは手持ちでもゲームができ、かつ魅力的なソフトも揃っていて良いゲーム機ですよね。

しかし、このswitchのドックがなかなかの曲者です。

・大型で置き場所や携帯するときに困る
・ドックに入れるとき画面が擦れる
・switch本体が熱くなる
・充電中は画面が見れない

 

こういった4点のデメリットがあります。

しかし、この4点のデメリットを解消していくれるアイテムがありました。

 

「ミニ携帯ドック 充電スタンド」です。

 

実際に商品を購入し使ってみたので、レビューしていきますね。

 

スペック

  ミニ携帯ドック充電スタンド 純正ドック
高さ 3.7cm 10.3cm
横幅 9.0cm 17.2cm
奥行き 9.0cm 4.9cm
重量 96g 327g
充電 USB Type-c
USB 2.0端子×2、3.0端子×1
HDMI HDMIポートあり

 

外観 

箱が想像以上にコンパクトです。
f:id:u-ta-kasou:20181212112510j:image

 

f:id:u-ta-kasou:20181212112609j:image

本体が出てきました。

スポンジで梱包されているので、安心ですね。

 

中に入っているのは、本体と説明書のみでした。

なぜか本体には最初からストラップが付いています。

ちなみに画面出力には、HDMIケーブルとACアダプターが必要なので、セットでついてきたものを流用するか、別で購入する必要があります。

 

また、説明書に日本語はないですが、接続するだけなのでそんな困らないと思います。

 

重さは 96gと軽量です。

 

f:id:u-ta-kasou:20181212112935j:image

大きさは指でつまめちゃうサイズで、純正ドックより非常にコンパクト。

サイズは好感触です。

背面は細かく穴が空いていて、排気口があります。

 

びっくりしたのですが、このサイズでも接続できる端子が純正ドックと同様の端子の構成になっています。

・USB Type-c(充電用)

・HDMI(ディスプレイ接続用)

・USB2.0×2

・USB3.0×1

 

僕の場合はUSBに、LANケーブルアダプタ、Proコンを接続しています。

 

実際に使ってみた

テーブルモード

f:id:u-ta-kasou:20181212114225j:image

置いてみたときはこんな感じです。

コンパクトなので倒れないか心配だったのですが、一応しっかりと支えられているようです。

 

また、純正ドックと違い便利なところはテーブルモードで充電をしながらプレイできるところです。

純正のドックではドックに入れた時点で自動でTVモードになってしまい、画面も覆われているのでテーブルモードで遊ぶことができません。

なので、TVが家族に使われていてもこのドックがあれば、テーブルモードで充電しながら遊ぶことができて便利ですね。

TVモード

f:id:u-ta-kasou:20181212114557j:image

ボタンを押すと、しっかりとTVモードに切り替えることができました。

一時間ほどプレイしてみた感じでは特に変な挙動もなく使えました。

本体がちゃんと外に出ていて、排気口もあるので特に熱を持ったりということもなかったです。

 

また、友達の家でディスプレイを借りて遊ぶ、ホテルのTVでプレイする、なんて時にこのコンパクトさが活きてきます。

 

純正と比べて、重量は3分の1、大きさも半分くらいなので持ち運びが非常に楽です。

他、HDMIケーブル、ACアダプターを持っていく必要がありますが、本体とドックだけならボディバックでもこんなに余裕で入ってしまいます。

 

まとめ

・大きさが約半分、重量は3分の1でコンパクトなので携帯できる
・充電しながらテーブルモードで遊べる
・画面が覆われないため、傷もつかないし排熱も安心
・ACアダプターとHDMIケーブルは自前で用意する必要がある

 

かなり不安になりながらの購入だったのですが、端子も必要充分にあり、コンパクトなのにちゃんと動作したので、想像以上の完成度でびっくりしました。

 

・画面の傷や本体の熱が不安な人

・switchのドックを携帯したい人

・充電しながらテーブルモードで遊びたい人

には特にオススメできる商品ですので、検討してみてはいかがでしょうか?

 

それではまた。