ガジェット

Amazonで一番人気のキーボード『K270』をレビュー

どうも、うーた(@u_ta_kasou)です。

キーボードの選び方って困りますよね。
形式も色々とあり、選択肢が多すぎて、僕も選ぶのに困ってしまいました。

そして、わからないので取りあえず人気のキーボードを買ってみました。

こちらのキーボードは、Amazonで一番人気のキーボードです。

色んな方がレビューしているとは思いますが、僕はブロガー目線でレビューを書いていこうと思います。

 

スペック

f:id:u-ta-kasou:20180412011441j:image
ブランド ロジクール
電池: 単4電池 2本
メーカー型番 K270
カラー ブラック
商品の寸法 幅 × 高さ 40×15.5
対応OS Windowsのみ

何で買ったの?

うーたの作業環境はノートPCですが、21.5インチのサブディスプレイを接続しデュアルディスプレイで作業しています。

なので、サブディスプレイのサイズのが大きいので、サブディスプレイの前でキーボードを打つために買ったという感じです。

あとは、ブログって沢山の時間キーボードに触れるので、キーボードをためしに変えてみたかったということもあります。

開封

箱の中にキーボードがぎっしり。

下にUSBに刺す無線のレシーバーがあります。

他にペラペラな説明書くらいしか入ってなく非常にシンプルな中身です。

裏面を見るとヒンジがついていて、角度をつけられるようになっています。

また電池は、単4電池が最初から入ってます。親切ですね。

良いところ

乾電池で2年電池もつ

このキーボードはバッテリーではなく乾電池式です。

そしておどろきの2年電池がもつみたいです。

今どき乾電池って感じはしますがそれだけ電池がもつなら十分ですよね。

そういった充電などの面倒がないのは非常にいいですね。

2千円切りでコスパがいい

安い。

本当にコスパいいですね。

しかも有名なLogicool製で、3年保証までついてます。

ショートカットキーが便利

一番上のショートカットキーでPCの色んな操作ができます。

・音楽のコントロール(再生、音量など)

・ホームボタン(ブラウザのホーム呼び出し)

・メール

・PCのスリープ

・電卓

この中でもPCのスリープは特にいいですね。

スリープはよく使うのでワンタッチで出来るのは便利です。

無線キーボードで簡単にすぐつながる

無線はUnifyingという形式で、Bluetoothではありません。

有線キーボードと同じく、レシーバーをUSBに刺すだけですぐ使えるので簡単です。

悪いところ

サイズが大きすぎる

15インチのノートPCのキーボードと比べるとこんな感じで、置き場所にちょっと困ります。

あとはノートに慣れているとテンキーが少し遠く感じますね。

キーストロークが深いため押すのに疲れる

このキーボードはメンブレン式といってキーストロークが深いタイプです。

ノートPC等に一般的に多く使用されているパンタグラフ式キーストロークが浅いのです。

なので、キーストロークが深いこのキーボードは、前よりも打っていて疲れる感じがします

ただ、前より押し間違いは少なくなっていると感じるので慣れかもしれませんね。

▼キーストロークが浅くて、打ち心地の良いキーボードはコチラ▼

青軸なのに押し心地が軽くて疲れない!Havitメカニカルキーボード「HV-KB395L」レビュー! 僕は以前、メンブレン式の「K-270」というキーボードを使っていました。 しかし、押すのに力がいるキーボードだった...

まとめ

僕にとっては、今ブログなどで文章を書く機会が多くなったので、文章をしっかり打てる環境が整ったのは個人的にはいい買い物でした。

値段を考えるとお試しで買うのもアリだと思います。

それではまた。